0 Comments
MacBook Air 2012 13インチ 外箱
いつもの見慣れた箱に入れられてMBAが到着
実際はもう一回り大きな箱に紙の衝撃吸収剤が添えられ入っていました。
発泡スチロールもなくとってもエコな梱包です。

化粧箱には制作者のどや顔が浮かぶような本体の薄さをアピールした写真。
こんだけ薄いんやで!どやっ!

MacBook Air 2012 13インチ 箱 収納

早速あけてみると箱の上蓋に薄いスポンジが張ってあるだけで
そのまま本体が現れました。アプル製品の伝統になったのか
本体がばしっとあって底に説明書と付属品という形式。

MacBook Air 2012 13インチ 箱

付属品は電源ケーブルのみ。丁寧にまとめられて入っていました。
この辺りの気遣いがアップルらしいです。
通常なら適当に束ねて針金で。となるでしょう

MacBook Air 2012 13インチ 全景

出してみると薄いまあ軽い。
これは店頭で去年からいじり倒していたのでいうまでもありません。
背面の光るロゴは永遠のマカーのシンボルでしょうか?

MacBook Air 2012 13インチ 画面

人差し指を添えてそっと画面を持ち上げると薄い紙が挟まれていました。
MBPは発泡スチロールだったことを考えるとそれだけ無駄な隙間がないのでしょう。

MacBook Air 2012 13インチ 左
今回注目のUSB3.0です。Appleが初めて白いUSB3.0を採用したようです。

MacBook Air 2012 13インチ 右


MacBook Air 2012 13インチ 充電ケーブル mag

以前までF型だった電源ケーブルですがこんかいからT字になったようです。
従来のやつが使いやすいような気がするんだけど・・・
加えて大きさも少しだけ小さくなったようで使い回せないようです。

MacBook Air 2012 13インチ ロゴ

ProとAIRの簡単な見極め方のひとつロゴをみる。Airとわかりやすく書いてあります。

MacBook Air 2012 13インチ トラックパッド
一番変更を望んでいたトラックパッドですが2011と同じものが使われました。
実質下半分くらいでしかクリックできないですがなれの問題なのでしょうかね。 
欲を言うともっと滑りが欲しかったです。
美しいMBAに保護シートを張るようなまねはしたくありません。

MacBook Air 2012 13インチ キーボード
意外に侮れないのがキーボードです。
プログラミングや執筆、レポート等、MBAで文字を入力している人はそれなりにいそうです。
ピッチの狭さになれる必要がありそうですが打鍵の感じは2万円のリアリフォースとも劣らないかも。
独特の中毒性がある打鍵感。


もう一つの特徴はバックライトでよくこの狭い隙間に入れたなと感心しました。
すべてのキーがLEDで輝くんですよ!!!!
ただ、暗くないと光りません。強制的に光らせてこうかと思ったのですが難しいようで。

MacBook Air 2012 13インチ
消費電力が少ないせいか3又コンセントではなく普通のコンセントでした。
アダプター直のコンセントも同様です。
アースはいらないのかな?


Apple MacBook Air 1.7GHz Core i5/13.3/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC965J/A



スポンサード リンク




1日使い倒してみて

液晶が奇麗
トラックパッドが面白い
キーボードが心地よい
想像以上に使いやすいノートパソコン。

なんにしてもその外見の美しさ。
マイナーチェンジなんて待ってないで2月に買っておくべきでした。
このモデルはまだジョブズの意思がかかっているだけあって安心。

11と13インチで迷うことなく13を選んだのですが
用途を考えると11でこと足りた気がします。
まあ大は小を兼ねるってことで。

ただ一つ大きな問題があったのだった…
次回に続く
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply