0 Comments
ものの2時間50Dで外を散歩しただけで良く日激しい筋肉痛に見舞われた去年。
今年はそれ以上に体力が落ちていると思う。

父親は体力に限界を感じて一眼レフを倉庫に眠らせ最終的に売ってしまった。
若い頃はカメラを持ち出し風景写真を撮っていたというのだが
そんな様子を見た覚えはない。

一見楽そうな写真趣味も意外に体力がいるようだ。
いや、事実かなり体力が必要か。

一昨年だったかカメラバッグを買い新しいレンズを仕入れと
一眼レフを持ち出しに行く気はあったのだけどどうも重いからなと持ち出さずにいた。

そこに近々発売される5Dmark3の存在がある。
mark2がモデルチェンジするのを首を長くして待っていたのだが意外に早くそのときが来た。

5Dmark3、それなりに重いしレンズもかなり重量級になりそうなのだ。
これでは機材に負けてしまう。
これはいけないと思い、地球の光を全て受け止めるために、筋トレを始めた。

まずはかるい1㎏のダンベルを取り出した。

メニューはこんな感じだ
・15分のランニング
・腕立て
・スクワット
・背筋
・腹筋
・ダンベル体操
・最後にストレッチ

その日の情況によって適宜メニューを減らすがダンベルだけは必ず持つようにした。

今日で2週目に入ったのだがずいぶんと変化があったので記しておく。
眠れるようになった
当たり前なのだがそれなりに疲れるので時間が来れば自然と眠い。

肩が凝りにくくなった気がする頭も少し軽い
ボディービルダーは体があんなに重いのに肩が凝らないと聞く。
肩こりに効く筋トレを加えているのとストレッチが効いているのだと思う。
日々デスクワークの連続なのだがあまり苦にならない。

正しく疲れていて充実感がある。
一体どういうことかというと、人間何もしていないと逆に疲労感に見舞われるものである。
寝過ぎて疲れたとか画面の見過ぎで疲れたとか…
しかしそこで体を十分に動かすことによって違和感なく疲れることが出来る。
人間らしい疲労感で充実する。

体調がこの時期気にしては割といい。

一番の違いは50Dが軽いこと。
あんなに重く感じていた50Dがなんとも軽いのだ。
このまま続けて一眼レフがコンデジレベルの感覚になるまでやろうとおもう。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
山本ケイイチ
幻冬舎
売り上げランキング: 7250

関連記事
みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply