0 Comments
某大阪のマジックショップから注文→翌日到着…(早っ

ついにコインマニアの領域に入ってしまった気がしますw

以下分かる人にしか分からない用語注意…




2枚ニッケルケネディ←→64年シルバーケネディ
写真を見ての通り40年前のコインにもかかわらず相当ピカピカして綺麗です。
ケネディ ハーフダラー サンドイッチ・シルバー

ケネディハーフダラーというと64年に創られた物だけが
90%以上銀でできていますが、それ以降は殆どニッケルになってます。

ニッケルコインについては1年も使っていないのですが、だいぶ色がくすんでしまいました
ニッケルと言っても銅が含まれているのでどうしてもさわっているうちに…
対して、シルバーは全く変色しません!(多少は変わりますが…
それに加えて40年以上前のコインなのにエッジがしっかり残っています
まるでマジックのためにつくられたコインといっても過言でもないかもしれません。


銀貨かニッケルコインを買うかで迷っている人に言いたい
どうせ銀貨が欲しくなるのでコインマジックが好きなら迷うことありません!
両方買っておくべきでしょう。
フォールディングコインやシェルコインなのどのギミックコインはたいてい
サンドイッチケネディでつくられています…
銀貨だけ使っていると、いざギミックコインを使うときに不自然なのです…



ウォーキングリバティ ハーフダラー
銀貨 ウォーキングリバティ ハーフダラー

名前の通り表は自由の女神になってます。
1940年頃につくられたコインです。
古いコインだけあってすでにほぼソフトコインになってます

噂通り、本当に手に吸い付く感じがしてコインロールがとってもしやすく
エッジが摩耗して殆ど無いのですが個人的にはこのコインがCPしやすい!
摩耗している分軽くなっているせいかマッスルパスはリバティが一番良く飛びます…

なんといってもケネディよりも古ぼけた感じがいい・・・w


コインマジックにわざわざ銀貨を用いる理由としては、
澄んだ音がする、パームしやすい、ピカピカして綺麗なので(ケネディの場合)
リテンションバニッシュなどの技法で残像が残りやすくより消えた印象が強くなる、
手に真鍮や銅特有のにおいが付かない
古いコインはそれ自体が芸術品のような物なので美しい。

一番の”コウカ”はモチベーションUP!でしょうかね…^^;


他にもハーフダラーにはバーバーやフランクリンなどがありますが、
値段やデザイン、摩耗具合を考えるとウォーキングリバティが一番使いやすい
とおもいます!



アイゼンハワー 1ドルコイン
アイゼンハワー 1ドルコイン ニッケル

こちらは30年ほど前に造られたコインですが、残念ながら銀貨ではありません。

ハーフダラーでさえ大きく感じましたが、1ドルコインのあまりの大きさに圧巻。
想像以上に大きく重いです…


1ドルコインで銀貨というと、一番有名なのがモルガン(モーガン)ですが、高い…高すぎる…
1枚3千円以上…でもほしい…

テクニカルなコインマジック講座テクニカルなコインマジック講座
(2005/08)
荒木 一郎

商品詳細を見る



スポンサード リンク

お ま け

ジャンボ500円



基礎からはじめるコインマジック基礎からはじめるコインマジック
(2006/02)
二川 滋夫

商品詳細を見る
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply