0 Comments
ヘッドホンブック2009買ってみた。
ざーっと見た感想を分かりやすく一言で言うと、

ネットで十分。

なんだろ、ネットで十分って絵の専門書買ったときにもいったような気がするな…

廃人、粗忽さんのところで十分用が足りるかと思われます。
それぞれの人の癖(音の好み?)が分かればかなり使えるサイト。
それでも足りない人は、尼、サウンドハウス、価格コム辺りのレビューを見ればいいかと。
ただし、それぞれ癖があるので注意。特に価格コム。
たまに基地GAYがいr…おっと誰か来たようだ

さて本誌についてだが、
一つ一つのレビューにばらつきがあっていまいち参考にならない。
まあこれはレビューを書いている人が6人いるためである。
それぞれの聴いた曲、音の好みが違うのでばらつきが出来いる。

尼のレビューにも同じ事を言っている人がいましたが、
全体的にソニー製品だけが、過大評価されているよう…なにか裏があるんだろうか?

やはりこういった本は短所をズバリ書くことができなのが一番の痛手だ。

ヘッドホン初心者が買うとしたらおかしな方向へ行ってしまいそうだし…
上級者ならもうすでに分かっていることしか書かれていないようなので、
このヘッドホンブック2009はヘッドホン中級者向けと言ったところか。

ヘッドホンの選び方と使いこなし(P139)のお店選びについて…
ヨドバシカメラ、ダイナ、フジヤ、サウンドハウス。と紹介されているわけだが、
ダイナミックオーディオ5555の所で、
「気軽に声をかけて視聴してみよう、必ず買わないといけないことなどなどないので安心して欲しい」
って、893かなんかなの。そんなヤバイ雰囲気のお店なの…?
なにか、1階でヘッドホン視聴。2階で家が買えるくらいのSP、AMP売ってるって聞いたような…


最後に、ヘッドホン関連の書籍と言えばやはりこれ↓
新・萌えるヘッドホン読本新・萌えるヘッドホン読本
(2008/06/25)
岩井 喬

商品詳細を見る

萌えるヘッドホンだからといって侮る無かれ。
個人的には一番使える本。絵良し、レビュー良しでコストパフォーマンスは最高。
これが¥1800ってかなり安いと思う。
視聴に使っている曲がなじみのあるアニソンというのもかなり好感がもてる。

スポンサード リンク



ヘッドホン選びについて
ヘッドホンって聞いている人の耳や頭の形で装着感や音場がだいぶ
違うようなのでやはり、実際に視聴、試着するのが一番。
自分で視聴してから、このようなレビュー本を読むのもまた面白い。

ただ、地方の場合はこうはいかないw
淀やK'sでオーテク、ソニーの代表機は視聴できるものの
禅やグラド、AKG、STAXといった海外製品、マイナー機種にはなかなか出会えない。

そういった製品をIYHしてみるのもまた一興か?
何にしても他人のレビューはあまり当てにならない。(ノД`)
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply