0 Comments
UAPCC社 KY製 アルコ ARRCO

2011年に製造が終了させられたアルコプレイングカード社のトランプ「ARRCO」ですが
2018年、赤青それぞれ2500個限定にて特別にUSPC社にて製造されました。

突然にアルコの限定生産ってどういうこと?と疑問は多いですが
察するに、近年のプレミアデックの高騰を見越してすこし値段を上げての再販だと思われます。

アルコ社は1987年にUSプレイングカンパニーに買収され、
USPC名義にてアルコデックは2011年まで製造されていたわけですが
KY製になってからその質は悲惨な物になっていたらしく
逆にOHIO製のアルコは非常に質が高く持ちが良く現在ではオークションなどで一個3,4千円ほどの値がついています。

それが、今年2018年に限定で再販です。限定品とはいえ、今のアルコを買うのは博打だと思います。

とりあえず続きよりフォトレビュー

スポンサード リンク

フレンチドロップさんにて一個1,000円で買いました。
OHIO時代にもっと質の高い物が一個500円程度で売られていたのを見たのでかなり割高に感じます。

UAPCC社 KY製 アルコ ARRCO

アルコ デック トランプ

アルコ デック トランプ
シールは透けるタイプの青シール。OHIOアルコを彷彿とさせます。
これはちょっと貴重なのか?

アルコ デック トランプ
箱の下側にはなんだか見慣れない感じのクレジットが、とりあえず見て分かるのはKY USPC社製の2018年だということ。

アルコ デック トランプ
箱を開けるとJ とクラブのマーク。
この手の予言に使える?デザインは使ったことが一度も無い。

アルコ デック トランプ
ちょっと懐かしさを感じる?アルコのバックデザイン。
有名どころではダン&デイブがTrilogyで使用していたことで話題になっていたと思う。

アルコ デック トランプ

アルコ デック トランプ
特別?付録は、ダブルバックカードとダブルフェイスカード。
アルコ社フェイスのダブルフェイスはすこし貴重な気がします。
そのほかの広告カードは入っていません。

アルコ デック トランプ
ボーダーが少し太めでスプレッドはあまり映えない印象。

アルコ デック トランプ
USPCの並び。

IMG_4096-10.jpg
アルコの機嫌が良いジョーカー、
ニアデュプリケートが二枚。よく見るとインデックスに★が付いているのと無印。

IMG_4098-12.jpg
Ace。こちらはかわらず。ただしスペードのロット表記が省略されている様子。

IMG_4099-13.jpg
アルコ特有の絵札。

IMG_4100-14.jpg
ついでに、このアルコのフェイスデザイン(絵札)はアルコ以外ではクラウンデックなどでも使用されています。

IMG_4109-19.jpg
←アルコ KYバイスクル2015→
裁断はUSPCの中ではきれいな部類。触った感じもササクレ感が少ない。

IMG_4108-18.jpg
ファローのかみ合いも良好。トラディショナルカットらしく表からのかみ合わせが少し悪い。

IMG_4105-17.jpg
厚さは、バイスクルと比べると1枚薄い。

IMG_4103-16.jpg
バイスクルと比べるとボーダーは太め。
バックのデザインが緻密なのでキュッと引き締まって見える。


KY製のアルコは散々だと言われていますが、この限定アルコに関しては質はやや良い。
薄めで柔らかめ。タリホーに近い印象を受ける。一枚一枚の張りが独特で面白い。
滑りは均一ではないがそこそこ。最近の滝のように滑るデックと比べると滑りはおとなしい。
デザインに関しては、かなり古い部類に入るため好き嫌いは分かれそう。
またフェイスのデザインがアルコ仕様なので、違和感がある。まあアルコなので.…

持ちに関してはまだ確定ではないものの、復元力、手汗の耐性はKYバイスクルよりまちがいなく上。
OHIOほどではないものの、beeくらいには持ちそう。いや一個千円なのだからそのくらいはもって欲しい。

◇総合評価
限定品ではあるけれど,触っていて、気持ちいいタイプのデックだと思う。
KYの中では当たりのデック。5000個作って半分以上がプレオーダーで売れたというのだから
ワンチャン、アルコ復活もあるのかもしれない。
フレンチドロップのメルマガでは3個くらい買ってみてと販促されていましたが
確かに、3つはもっていても損はないかなと思う。


関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply