0 Comments
BOSE QC15

2014年の6月に買ったBOSEのQC15。今年の6月ちょうど4年目です。
巷では、BOSEは壊れやすいと言う人がちらほら見られますが
うちのQC15は一向に壊れる気配があまりに無く買い換えたいのに…なんとも微妙な気持ちに…

14/06/28 静寂を感じる ヘッドホン BOSE QC15 レビュー

それでも外観を見ると、塗装が剥げて地のプラスチックが見えていたり
ヘッドパッドがポロポロと向けてきたり
なによりイヤーパッドの表面がボロボロになって、最後には裂けてきて新品の面影はもうありません。

(個人的に)QC15は頑丈とは言え、消耗品であるイヤーパッドの損傷は隠しきれる感じでありません(↓画像参照)
BOSE QC15 イヤーパッド 交換 ボロボロ

BOSE QC15 イヤーパッド 交換 ボロボロ

痛み具合が左右で差が出ていますが、これは外で使うときは右耳側を耳から外して使っていることが多いため。
ノイキャン性能は高いですがそのおかげでゆっくり迫ってくる車に気づかないなんてことにならないように。

基本的にヘッドホンのイヤーパッドは消耗品であり、ヘッドホンの種類によっては数万円もする様な物もありますが
天下のBOSEだけあってか、サードパーティか、模造品か。安いOEM?イヤーパッドがたくさん出回っています。

とりあえず、アマゾンの評価を見てコストの安さを兼ねた良さそうなイヤーパッドを注文してみました。

スポンサード リンク


今回買ったのは、こちら。
BuyJapan のQC15用バルク品 パッドです。



ちなみに、BOSE純正のパッドを買うと4千円程度します。
上記の画像を見ておわかりいただけるかと思いますが、
BOSE純正のイヤーパッドは耐久性があまりなく始めに表面の合皮部分がポロポロと黒いカスになって落ち始め
最終的にグレーのクロスだけになります。さらにそのまま使っていくと縫い合わせた部分がちぎれてきて中のスポンジがはみ出てきます。
最新のQC35に使われているイヤーパッドはすこし違うようですが、QC15のイヤーパッドはそこそこ脆いです。
Bose QuietComfort 15 ear cushion kit イヤーパッド
BOSE
売り上げランキング: 61,684


中国本土から約2週間ほど掛けて日本郵便で簡易梱包できました。
BOSE 互換品 イヤーパッド

見た目には特にこれといっておかしな所は見当たりませんでした。
ほぼ純正品と同じ感じです。
BOSE 互換品 イヤーパッド

プロテクションも付属しています。
両面テープにはちゃんと3Mのメーカー品が使われており期待できそう。
BOSE 互換品 イヤーパッド

左側 純正 右側 中華製
BOSE 互換品 イヤーパッド
中のスポンジも同じ感じ。イヤーパッドの立体裁断もきれいに再現されている様子。
ただし本体と留めるO型の板分部が若干分厚い感じでした。
そのほかの触った感じやクッション製は同じと言って良いでしょう。

左側 純正 右側 中華製
BOSE 互換品 イヤーパッド
プロテクションカバーですが、こちらは結構違いがありました。
両面テープの使用量、縁を一周するように貼られているスポンジ、本体のメッシュの密度。それぞれ違います。
オーディオならば、これで音がかなり変わってしまいそうですが、
うちのQC15はただひたすらに音を消すイヤーマフとして働いているので全く問題ありません。


IMG_4043-23.jpg
BOSEのイヤーパッドはカップの内側にあるつめにイヤーパッドのO型の板をはめ込んでいく形ですが
中華製イヤーパッドでは厚みが少し違い、硬さも純正品よりやや柔らかく嵌めづらかったです。

イヤーパッドが無事に新品になりました。
BOSE 互換品 イヤーパッド

実際使ってみると、遮音性がかなり上がった感じしました。
というのもボロボロのイヤーパッドでは密閉性がかなり落ちておりNCとしての性能も半分くらいになってしまっていたと思います。
耳への密着も良好で普通に使えます。
まだ使い始めて2週間相変わらず雑に扱っていますが、耐久性が著しく低いと言ったことは無いようです。
今のところ剥げたり、裂けたりはしていません。良好です。

しかしたった600円でこれほどまでに違うなら、純正イヤーパッドが裂けたあたりでさくっと交換しておくべきでした。
BOSEのQC15はもはや自分にとって生活必需品です。
車に乗っているときや外で買い物に出るときなど、これを着けているだけで非常に楽になります。
耳か入る音の情報というのは非常にやっかいで、それを少しでも減らすだけで疲労感を減らすことが出来るのです。

BOSEのイヤーパッドの交換目安はイヤーパッド内の青いスポンジが外から見えるくらいに裂けてきたら。
OEM品ならペアで千円しませんので気がついたら交換しようと思います。
常時使うなら1ペアのストックがあっても良いかもしれません。

それにしてもこのQC15は防音イヤーマフとても使いやすいのです。
まずケーブルが外せることそして単四電池で動くこと
本体が軽量で装着感が良くて雑に扱っても壊れない。

この頃バッテリー内蔵モデルのオンイヤーワイヤレスヘッドホンが主流になって
乾電池対応のヘッドホンが無くなってしまいました。
バッテリー切れや、バッテリーのへたりを気にすること無く使えるのは非常に強力なメリットです。
予備バッテリーを忘れてもコンビニで電池を買えば使えちゃうのです。

ちょっとボロボロになってきたのでそろそろ壊れて有償修理で新品にならないかなと思ったりもしていますが
そうなると逆に壊れる気配がありません。もうすこし大切に扱おうと思いました。



18/06/11 Amazon.co.jp Bose QuietComfort 15 対応交換用パッド 599円 92%

◇おまけ
実は、ヘッドホンのイヤーパッドはなにもしなくても消耗してしまいます。
しばらく(2,3年ほど)放置していたMSPROのイヤーパッドを久々に触ってみたらボロボロと崩れて行くではありませんか。
これが、加水分解というウレタンや合皮で起きるやっかいな劣化現象です。

IMG_3135-1_20180629002541270.jpgIMG_3138-3.jpg

グラドの交換イヤーパッドは高い上にかなり脆いのでMSPROはもうしらばらくこのまま放置でしょうか…
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply