0 Comments
アイデアルデック

マジシャンは長らくアメリカ製トランプのバイスクルを使用し続けてきました。
近年では台湾製でもマジックの使用に耐えうるデックが出現しはじめ
日本製のトランプを作ってみたい日本の技術力なら台湾にもアメリカにも決して負けない品質のトランプが出来るはず
そう、言って二人の若者が立ち上がり出来たトランプがこの「アイデアルデック」

浅田悠介氏と伊藤大輔氏の二人が中心になりたくさんの日本人プロマジシャンをも巻き込んで
デザインを技術者を品質を吟味して作られたといアイデアルデック。

去年、Twitter上で幾度もマジシャンの界隈では知らない人がいないくらいに話題になったと思います。

web上での限定予約販売がなされた後に、マジックショップでも普通に取り扱っていたので
一つ試しに買ってみましたのでレビューらしい事をしてみたいと思います。

続きよりフォトレビュー

スポンサード リンク



アイデアルデック 日本製トランプ

アイデアルデック 日本製トランプ

フィルムは残しておけないがミシン目から簡単に破くことが出来る日本製らしい作り。
アイデアルデック 日本製トランプ

桃が二つに割れるようにおぎゃーと産声を上げたアイデアルデック。
箱表面の質感はマットですべすべでこれ以上ない高級感そして存在感。
アイデアルデック 日本製トランプ

我らがバイスクルや台湾製のPlayFairと並べてみるとその異質さがよく分かる。
トランプと言うにはブランド品のような異物感がかなり強く感じられる。
アイデアルデック 日本製トランプ

箱にシールはなくそのままぺりぺりを剥がすとすぐに開けられる。
アイデアルデック 日本製トランプ

ロングフラップを採用することにより、引っかかりがなくスムーズに開閉が出来るようになっている。
アイデアルデック 日本製トランプ

箱からトランプを出すとまだ開封作業は終わってはいない。
アイデアルデック 日本製トランプ

ビニールの帯でトランプがまとめられている。桐箱から反物を取り出したような気分だ。
アイデアルデック 日本製トランプ

日本刀のような鋭い刃によってカッティングされたエッジ。
ツルツルでどのトランプよりも鋭い。
アイデアルデック 日本製トランプ

アイデアルデック 日本製トランプ

広告カードは一枚だけ。英語と日本語でアイデアルデックの説明書きとオリジナルトランプ製造の依頼を受け付けているようだ。
IMG_3051-18.jpg

上下対称のデュプリケートジョーカー。マジシャンの使用を強く意識した作りに感じる。
IMG_3054-20.jpg

スペードのAはアイデアルとまさにダイアモンドを模したデザイン
他のカードは、スーツもマークを小さく配置しておりミニマルさが洒落ている。
IMG_3052-19.jpg

バックデザインは黒のベースに細い線でダイアモンドのアイデアルカットがデザインされている。
中央の大きな円や上下に並べられた小さな図形はあのタリホーとそっくりだ。
夜空に満月が浮かんでいるようなそんな印象をうける。
IMG_3057-22.jpg

スプレッドしてみると、バックデザインのボーダーの細さが際立つ。
こんなにボーダーを細くしているデックも珍しいのではないだろうか。
IMG_3048-16.jpg

バック面を向かい合わせた状態。反りがかなり強く一枚でも裏返すと簡単にナチュラルブレイクがとれる。
IMG_3055-21.jpg

エンボスのかかり具合は裏表で違うしカード事にも異なる。
バイスクルと比べるとドットがきれいに並んでおりエンボスは浅いようだ。
フェイス面ではもっとエンボスは浅くなっておりエアクッションフィニッシュとはまた違う仕上がりになっているようだ。
IMG_3049-17.jpg

紙質は、100円ショップのプラスチックトランプのような薄さと張りがある。
デック全体はバイスクル換算で3,4枚分は薄い
富士山の水でつくられたその上質紙とうたっているだけあって耐久性はかなりありそうだ。

エッジは非常にきれいにカットされており日本刀のような切れ味ではあるものの
ファローはまず入らない。バック面でもフェイス面でも難しい。
はじめてバイスクルでファローシャッフルを試みたときのことを思い出すよう。
初心に戻って慎重にゆっくりと差し込むとなんとかカードを傷めずに入れることが出来る。

そしてエッジが尖りすぎているのがグリップ感はかなり痛い。
スプリングなどをしていると皮がむけそうである。

ボーダーがかなり細いのでカウント系の技法はかなり気を遣う。
カウント中、カード同士をすりすりするとなにやらエンボスに謎の引っかかりが存在する。
これはバイスクルにもあるのだけど、アイデアルではゴリゴリと言った強い感触が伝わってきた。

なによりファンやスプレッドといった技法が難しい。
均一に広がらずどんなに丁寧にやってもきれいに広がってはくれない。
はじめてテーブルで100均のトランプを広げたときのことを思い出すようだ。

箱の質感が良くオシャレで耐久性もありそうなので
中にバイスクルなどを入れて楽しんだり

バックデザインはそんなに悪くなく映えるデザインなので
シビアなカウントが必要ないパケットトリックや1枚だけの予言など使える場所はありそうだ。

1500円というアイデアルの名前に負けない価格設定
作り手、素材、デザイン、すべてが純国産ブランド
選び抜かれた国産ペーパーと印刷、裁断技術
どこをとってもUSPCや台湾製デックには真似できないトランプができあがったと思う。
間違っても海外には輸出しないで欲しい。

それにしても某TCGにも採用されている国内最高品質の紙を使っていると言うのだから
TCGのカードはこんなにも反っていてエッジがきつく硬いのだろうか。

なんにしてもヨドバシやヤマダ電機のおもちゃコーナーで
100円で売っていたらトランプはみんなこれを買ってくれるだろう。

関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply