0 Comments
電子ピアノ Roland

さて独学でピアノをはじめようということですが、電子ピアノを買わなければなにも始まりません。
しかしながら、ピアノを買うにしてもピアノを1mmも弾いたことがないのですから
何を基準にどれを選べばいいのか見当すらも付きません。

独学でのピアノをはじめるにあたって最初の難関はピアノ選びだと思います。
本当になにも分からないですし、ものが結構な大きさがある上に値段も
5万円~40万円程度とコロコロ買い換えられるような代物ではありません。

とりあえず一般家庭でヘッドホンをして練習したいのでここでは電子ピアノのみを扱います。
またその初心者で全く分からない状態からどうやってピアノを選び
そして買ったのかそのプロセスをここに書いておきたいと思います。

スポンサード リンク

まずはネットで調べます。
ブログや価格コムでの評価は普通の家電と違い情報量が圧倒的に少ないです。
あるのは、ピアノ買取業者やレッスンスタジオの簡単な選び方のみ。

とりあえず検索して分かるのは、電子ピアノというのもノは、日本メーカーの主に5社の中から選ぶのが一般的と言うことです。
「YAMAHA、KAWAI、ROLAND、コルグ、カシオ」

そしてはやり、YAMAHAが最も人気が高く定番機種が多く印象で
コルグやカシオのエントリーモデルは安くコンパクトで入門に最適かもしれないということ。

何となく分かったところで、ネットでない情報を探すよりも実機を見に行こうといくことで
大きくあたりをつけてビックカメラへ行ってきました。

その時見当をつけたモデルがこちらの4機種
10万以下の2機種と20万円前後の2機種です。

カシオPX760


ヤマハ アリウス


ヤマハ グラビノーバ


ローランド


一番最初にカシオのPXシリーズ
こちらは、価格コムでも大人気でコスパが非常に良いと話題の機種。
見た目からかなり簡素で鍵盤がプラスチッキーでかなりちゃっちい印象。
はじめて触る電子ピアノの鍵盤はキーボードーとはほど遠いずっしり感。
ドの位置くらいしか分からないままに触ってみてもあまりいい印象を受けなかった。

次にヤマハのアウリスシリーズ
ヤマハの初級シリーズのアウリス奥にあったグラビノーバが視界に入るが
触ってみるとこちらもかなりちゃっちい印象で鍵盤もさることながら台座が心許ない。
ただ手軽にピアノをはじめるならこれで良いなと感じる。

お次にヤマハのグラビノーバ
グラビノーバのなかでも最も安い635を触る。
ピアノの弾き方なんてのはまるで分からないけれど
押してみるとどの鍵盤よりも重くかたく感じられる。中におもりが入っているらしく押した感じに違和感がある。
なにもわからないなりにこれで練習していたら腱鞘炎が悪化するしかないと感じた。
これを買うならアウリスで手軽にやった方が良い気がする。

最後にローランド
第一印象は電子ピアノと言うりキーボードくさい。
操作系がすべて鍵盤の上にあり落ち着きが内容に思えた。
鍵盤は相変わらずの重さではあるけれど、今日触った中ではもっとも心地よい鍵盤。
しかし、ヤマハと比べると鍵盤に木目が彫ってあり違和感があった。

おまけでKAWAI
最初から全く視界に入っていなかったKAWAIではあるけれど
ネットの評判をみると鍵盤の質はかなり高くグランドピアノをに最も近いとの評判。

オーディオで言うならこんな感じの印象を受けました。

ヤマハ→アキュフェーズ
KAWAI→TAD
ローランド→LUXMAN
コルグ→DENON
カシオ→ONKYO&Pioneer


基礎に忠実、安定のヤマハ
少し尖った性能を持たせつつも伝統を感じさせるカワイ
楽器として独自の解釈を持つローランド
低価格でもちょっと拘ったコルグ
コスパ使い勝手のカシオ

このときの試打?で、適当にやるならばヤマハのアリウスガチでやるならヤマハのグラビノーバかローランド。
ただローランドは鍵盤の表面が気になったことと
グラビノーバでは鍵盤があまりに重く感じてしまって自分に弾けるのか
それとも弾いていくとこれが最も安定するのか悩みました。

なにより、初めての電子ピアノに20万もかけて良いのか?
最初は10万円以下で分かってきたら良い奴を買えばいいのではないか?
そもそもなにも分からないのでカシオのPXでずっと満足できるのではないか?
いろいろと考えました。

実機を見て触ってたら余計に悩むことに……

なにより、電子ピアノはグランドピアノの鍵盤機構に似せて各社それぞれの工夫を施し
独自の鍵盤を作っているわけですが、残念ながら自分はグランドピアノに触れたことがありません。
これはもう、ヤマハのショールームで実際にグランドピアノを触らせてもらうか
ヤマハの音楽教室に見学しに行くかそんな選択を迫られていました。

昔、ピアノを習っていて実家にグラビノーバがあるという友人からも少しアドバイスをもらいつつ
家電量販店では店員さんの知識もあれなので次の週に楽器屋さんへ行くことに。

この辺では島村楽器とあぽろんのどちらかですが、
以前ヘッドホンでお世話になったあぽろんさんへ行くことに。

行ってみるとビックカメラ以上に展示機が充実していますし
しばらくうろうろしていると店員さんがすっとやってきました。
ピアノは全くの素人でゼロから独学でやりたいと伝えると
代わりに鍵盤を弾いてくれたりしながら消去法で選んでいきました。

ヤマハを選ぶつもりでいましたがはやりヤマハは楽器として尖った面白さを感じず
カワイはどうにもあのゴムっぽい感触の鍵盤が好きになれませんでした。
カシオはちゃちすぎて論外としました。
そのなかでも一見して分かるこだわりを感じさせるサウンドと機能の豊富さ
なにより鍵盤を押した感じの本物っぽさ。(グランドピアノ知らないけれど…)

独学でやるならやはり自分がもっとも弾きやすいと感じる鍵盤を選ぶべきで
それはまるで自分の新しいパートナー選びです。

ローランドを選びました。

いくら出せば良いのか、本当に続くのか、自分に合った楽器なのか
全く分かりませんしかしとりあえずローランドでいいそう思ったのです。

ピアノは電子ピアノの性能が著しく向上して入門のハードルは下がっていると言われていますが、
独学でやる場合、結構ハードルが高いかなと思います。
とにかくネットに情報がすくないのです。

ここ最近の買い物ではなによりも時間をかけてあれやこれや悩んでやっと決めました。
しかしピアノはオーディオのように買って終わりというわけではありません。
設置して自分で弾いてやっとスタートです。

こんなにも翻弄されて悩まされてやっと選んで…ピアノ趣味のスタートまではかなりexcitingです。
ここで息が切れて設置して満足してしまいそうな気配がありました。

設置編へ続く


関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply