0 Comments
ルーレット カジノ

今年、密かにやっていたことの一つ、ロト6の検証。
丁度良くサッカーくじのtotoの闇が暴かれ?ロトの方へ移行した人がいるとかいないとか。

ギャンブルやらお酒やらたばこやらとはほど遠いあまりにも健全な暮らしを送っているところではありますが
ロトくらい良いだろうと1年ちまちま買ってました。

スローガンは、「宝くじ当てるのはロマン
3等以上が当たるまで年単位で続けていこうかと思います。

■ルール
キャリーオーバーが発生したら2口以上買う
1口はクイックピック
もう1口は自由選択(数字固定)
※QPの場合は前回の数字と1つ以上被るようにする。



疑問1.QP当選しないのではないか?
totoBIGの件で、コンピューターによる選択は何者かによる操作が行われており
当たりづらい数字が配置される傾向にあると噂されています。
ロトの場合当選番号は最初からある程度分かっている事が推察されます。

疑問2.当選番号に規則性があるのかないのか?
もしも、事前に人為的に当選番号が決められていたとしたら、当選番号に偏りが出てくると考えられます。
その理由の一つに、人が選ぶ数字はランダムではなく
日付や年齢などの数字に無意識的に引っ張られる傾向が分かっています。
さらに、コンピューターでランダムで数字をはじき出して数字を決めていたとしても
スーパーコンピューター出もない限り機械が出す乱数には偏りが発生します。


でっていう…


結果、1年間で69口購入しました。金額にすると1万3800円です。
奇数になっているのは2口買ったり3口買ったりしているため。

続きから購入結果

スポンサード リンク



5等当選。2回

以上。


率にして、5等の当選確率は実質 2/69 ≒ 2.898% でした。
理論値では、「155,400/6,096,454」≒ 2.549%
なので少し運が良いように思います。


そしてロト6の還元率は一般的に40%程度と言われていますが、
5等2回しか当たっていないため、実質還元率は14.4%でした。

2回の当選中QPと自由選択は1回ずつでした。
数がまだ少なすぎてこれでは何とも言えません。
1年で1万円程度の出資とわかり、とりあえずこのペースで10年は続けようかなと思います。
1年に一回4等当たればトントンです。

しかしながらこんなに少しずつ買っていてもあまりに数字が外れるので
半年経ったあたりでもう買う必要ないのでは?と感じるようになり…
近年宝くじによる税収?が少なくなっているとニュースで見るようになりましたがあたりめーだろと。

それでも駅前の宝くじ売り場は年末は長蛇の列が見られるから不思議です。


ロト買っていて分かった2つのこと。

・買うとなぜかそれなりにワクワクする。
もしかしたら~と少しこころが弾みます。
もはやこれのために毎週数百円出していました。
多くの人もそうだと思いますが、買った瞬間のワクワク感以上のリターンはほぼ無いのが宝くじロト。

・結構すぐ飽きる。
当たりが少なすぎる、数を選ぶだけの単純すぎるシステム。
宝くじは還元率はトップクラスの低さですが依存度、お金の損失が少なくて済むと言うのも納得です。
イライラして逆に大負けするなんて事はそうそう無いでしょう。

ただ日常的にネット銀行を開く多いのでキャリーオーバーしていたらとりあえずなんとなくついでに買うという
超惰性的な買い方している方が結構多いのかなと感じます。

公営カジノが出来たらどうなることやら。

宝くじで1億円当たった人の末路
鈴木 信行
日経BP社
売り上げランキング: 1,379

関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply