0 Comments
Amazon 段ボール

過去最大規模のAmazonタイムセール「サイバーマンデー」が終わり荷物が届きはじめました。
今年は7月にAmazonプライムデーがありましたが、今回セールの表題がプライムデーではなく
サイバーマンデーになっており、内容もプライムデートとすこし違った色合いを見せていたようです。

2017年夏3回目のAmazonプライムDay 良い買い物をするコツ 灼熱の30時間 反省会

Amazonの今後の動向について探っていく感じの記事になります。

スポンサード リンク


■今までのタイムセールとのいくつかの違い

まず開催時間が金曜日の夕方から月曜日の夜までの72時間だったこと
前回のプライムデーではAmazonのトップページが落ちるという事態がおきました
そこから一極集中を避けるために金曜日の夕方から3回夜をまたいでのセールにしたのではないかと思われます。
また時間を長くすることで参加しやすくするような狙いもあったと思います。

商品数が異様に多かったです。Amazonではカテゴリー毎にきれいに分けられていますが
それでも気になるカテゴリーの商品をすべて見るには30分以上かかりました。
商品が多くなった理由の一つに中華業者の躍進があると思います。
内容をよく見るとよく分からないメーカーの商品が沢山ありまた。
「○○が販売しAmazonが発送します」とう商品です。
人気ブランドの商品よりも、ヘッドホンや三脚、モバイルバッテリー、PC周辺機器などでは見かけない中華メーカーが大半を占めており
割引率もさほど良くないという状態で、品数が多いですから自分の欲しい商品を探すのに異様に苦労しました。
ちょっと気になった商品を片っ端からウォッチリストに入れておくと
500個用意されているのに時間がいくら経っても一台もカートへ入らない商品もありました。
調べてみると価格コムの最安値よりずっと割高だったりAmazonレビューが荒れていたりとセールの意義はどこへとおもうような商品がいくつか目にしました。

これまで3回開催されたAmazonプライムデーでは、
Amazonで売れ行きの評価の高い商品が沢山出てくるというのが売りだった気がします。
それが今回、品数を増やしすぎたのか、中華の粗悪品までもがセールに沢山紛れ込んでいたようなのです。
逆に本当にお買い得だった商品は在庫数が異様に少ないように感じました。

セール開始時刻がまちまちで5分おきだったり10分おきだったり区切りが存在せず
ひっきりなしになにかしらのセールが始まっておりPCやスマホから離れられない状態
品数が増えているせいもあり前回より明らかにセールの間隔が短くなっているのを感じました。
そしてセール開始時刻はほぼランダムでこれもまたサーバーへの負荷を減らす工夫だと考えられます。

加えて、用意されている数が異様に多いのも今回のセールの特徴だったのではないかと思います。
大きな数字では、フルーツグラノーラでは3000個、イヤホンでは6000個の枠が設けられていたようですが
今回のセールの規模の大きさそしてAmazon倉庫の拡大など様々な要因があると考えられますが
初期のタイムセールでは瞬殺されていたような商品も1時間や2時間余裕でもっていました。
参加すれば誰でも買えるような状況を作っていること、”名ばかりの限定”というセールを後押しするギミックだと思います。
大量に在庫が用意されていたその多くの商品が半分も売れずに残っていました。
しかしこれは売れ残りではなく、売れるだけ売ろうというAmazonの方針だと感じます。
少しでも利益が出れば何でも売るこれが開始当時からのAmazonのポリシーでした。

中華製品に並んで多く見られたのが、Amazon限定商品です。
これは、価格設定があってないようなもので、しかも在庫処分のようでもあり
非常に安くなっていたものから、ちょっとなとおもようなものまで
あらゆるものがタイムセールとして売られていたのが印象的です。

そんな大量に売って大丈夫なのかとこちらが心配になるほどの量が用意されていましたが
AmazonAssociateを見ると発送作業は戦場と化しているのが覗えます。
AmazonAssociateは注文してから発送されて初めて紹介料が仮で発生しますが
注文数に反して発送数が極端に少なく感じます。
初日金曜日に買った分の商品は割と早く発送され届きましたが、
その後に買った商品は13日の今日になってようやく発送メールが来ました。
Amazonプライムでこんなに発送が遅れたのは初めてです。


■結局安かったのは一部だけだった

一番、お得で欲しいものが多かったのは、やはり特選タイムセール
逆に言ってしまうと、特選タイムセール以外は見る価値があまりなかったように感じます。
そしてこの特選タイムセールはAmazonプライム会員はレジにて5~20%の割引が適用されていました。
最近のAmazonはおそらく、プライム会員を増やすことを最大の目標として運用していると思うのですが
こういったセールでもプライムの特典として会員だけ割引率を上げたりクーポンを発行したり
一般会員との差別化は一層増していくと思われます。
現在でも、一般会員ではかなり使いにくくなっているAmazonですが今後さらなる引き締めが来ると思われます。

さらに、そのお買い得商品は、量数制限なしでサイバーマンデー開催中ではいつでも買えました。
始まってから5時間、カートに入れてから15分の時間制限や量数制限がなく
本当に安くて良いも商品はそういった圧力をかけずに自由に買って貰えるようにしていたようなのです。


■結局どのくらい売れたのか買ったのか
Associateのレポートを見ると通常の5~10倍は売れている感じです。
ただでさえ忙しい物流業界や倉庫のピックアップなど想像しただけでなんだか申し訳なくなります。

しかし自分もセール期間中、普段買わないようなものまで買ってしまうのが人の性というもので
サイバーマンデーでお得にと思いつつも前回のプライムデーよりも買い込んでしまいました。
トップの写真では段ボール3つが写っていますがまだ4つ来ていない商品があります。
価格にすると3万円くらい使いました。3万円で収まって良かった…
いや必需品やら消耗品が安く買えたのでおkです。

実際に買った商品は、しばらく使いながらもう少ししたらレビュー記事を上げられたらと思います。


Amazonはもう一線越えてしまったような気がします。
なんにしても、Amazon使うにはプライム会員になることは避けられないようです。

関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply