0 Comments
激落ちクロス 柔軟剤

一つ前の記事で、静電気防止スプレーを使っての埃取りを試してみましたが、
どうにもうまく使わないとべたつきが発生してしまい扱いづらさを感じました。
またスプレー缶一本で使える量も少なくコスト面でもあまり勧められません。

前回の記事:オーディオにも使える TRUSCO静電気防止スプレー 使ってみたレビュー

NHKためしてガッテンでは、
なぜか出るホコリ!原因はソコだった!?
にて、ガッテン流ぞうきんの作り方を紹介していました。

1.指定の濃度で、水に柔軟剤を入れる(※洗濯機で洗っても可)
2.洗ったぞうきんを浸す
3.ぞうきんをしっかり乾かす(※ぬれていると、ふいた物に水分がつきホコリが吸い寄せられてしまいます)
4.月1回程度、床や壁、棚などを、さっとなでるようにふく



柔軟剤 ファブリッシュ 無香料

そう非常に身近な柔軟剤の成分は界面活性剤であり静電気を防止します。
冬の乾燥している季節は、柔軟剤をいれて洗っておくと服を脱いだりするときにぱちぱちしますが
それがフリースなんかでも静電気が発生しなくなります。



今回は、静電気防止剤としてファブリッシュの無香料柔軟剤と激落ちクロスを使用しました。
激落ちクロスを使うことによって埃と一緒に汚れも取ってしまおうという算段です。

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入fabrush 柔軟剤 無香料 600ml

スポンサード リンク


普段から洗濯に柔軟剤を使っていれば普通の洗濯元といっしょに洗濯し乾かすだけで
ガッテン流埃対策ぞうきんができあがります。
激落ちクロスは一枚60円程度なのでガンガン使い捨ていきましょう。
もちろん洗って再利用もできます。

激落クロス

激落ちクロスですが10枚入りで598円です。
同じようなAmazonベーシックのクロスはもっと安いですが生地が薄く非常に貧相らしいので
正規品?の激落ちクロス10枚入りを購入することをお勧めします。
【Amazon.co.jp 限定】 激落ちくんBasic マイクロファイバークロス 20枚入 (3色セット) お掃除・ふきん

激落ち クロス ガッテン流ぞうきん

一度洗って触ってみた感じは、タオル地っぽいですが
めがね拭きのアレくらいに細かな繊維の引っかかりを感じさせます。
ほつれ防止の裁縫も60円のクォリティーとしては十分です。
ただ色が付いている分若干の色落ちはありました。

まずはためしてガッテンのおすすめどおり、
壁と床そして扉等部屋全体の除電と埃取りを行いました。
激落ちクロス
この激落ちクロスはちょうどクイックルワイパーに取り付けられるので
壁拭きもそんなに大変ではありません。
ただ、大晦日に家全体の壁や窓、ドアをやるとなると重労働になりそうです。
実際やってみて驚いたのは扉も壁想像以上に埃で汚れていたことです。

上の画像では黄色が扉と窓青が家電製品や机緑が表壁、裏床です。

30分程度で一部屋まるまる拭いてやると、驚くほどに空気がスッキリとしているではありませんか。
部屋で動いても埃が舞う感じがありません。まるでクリーンルームにいるようです。

そして、なにより液晶モニタやテレビ、スピーカーの埃が軽い一拭きでさくっと取れてしまうこと
さらには、その後埃がかなり付きづらくなっていること。
しっかりと帯電が解消されているようです。

埃 スピーカー

あの帯電しすぎて拭けば拭くほど静電気が発生してべたっと埃を吸着していた
スピーカーのエンクロージャーもさっと一撫ででほこりがスッキリ取れるのはちょっと感動です。

激落ちクロスのマイクロファーバーで確実に埃をキャッチして
ガッテン流ぞうきん化することで帯電してくっついている埃も除去しつつ
同時に除電を行い埃がくっつきにくい家電ができあがります。

これまでスピーカーや床の埃取りは、ウェーブドライシートを使っていましたが
これからはこの除電ぞうきん×激落ちクロスが活躍しそうです。
何往復も拭いたりゴシゴシこすったりする必要が無くさらっと拭くだけでおkです。

面倒に思っても、大型テレビやPC画面など埃が気になる家電にはガッテン流ぞうきんがとにかくおすすめです。

そろそろ今年も大掃除の季節が迫ってきた感じがしますが
ガッテン流ぞうきん、作っておいて損はないと思います。

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入
レック(LEC)
売り上げランキング: 10

fabrush 柔軟剤 無香料 600ml
あらた (2014-05-01)
売り上げランキング: 1,087
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply