0 Comments
TRUSCO 静電気防止スプレー

静電気防止剤なるものの存在を知り
日頃から静電気が発生してしまって悩んでいたようなところに使って試してみた。

静電気防止スプレー、結構種類があってAmazonで検索をかけるとどれを買って良いのか分からない状況でした。
少し調べてみると、大きく分けて二種類にスプレーに分類できます。
一つ目が衣類用、二つ目が工業用で、
中の成分を見てみるとほとんどが界面活性剤とエタノールですが
衣類用では缶がすこしオシャレで、香料が入っていたりします。

今回はオーディオにも使ってみたかったので速乾性がもっとも高い
TRUSCOの静電気防止スプレー「SB200」を買ってみました。

内容成分はアルコールが95% 界面活性剤5% 噴射剤(LPG)です。
TRUSCO 静電気防止スプレー

帯電防止剤の正しい選び方、使い方 
このサイトを参考に選びましたが、たいした違いは無く、
1ml当たりの単価が最も安いものを買うで問題ないように思います。
ただし、静電気防止機能のあるクリーナー系スプレーは用途が違うので間違わないように注意が必要かも知れません。

続きから用途と使用感

スポンサード リンク


届いて真っ先に確認したのが匂い。
噴射用ガスが入っていますが変な匂いはしません。
また主成分はアルコールなので匂いはありますがすぐに飛んでくれました。


1.シュレッダー
個人情報の取り扱い、プライバシーの保護が叫ばれる昨今
家庭での普及率もそこそこあるらしいシュレッダーです。
今年買ったシュレッダーですがトレイに紙くずがくっついてさくっと中身を棄てられないことがよくありました。

中をきれいにして、お外で静電気防止スプレーをさっと吹きかけました。
べたつき感はほぼかんじない程度ですがこんなんできくのかと思っていたら
効果は結構良い感じに出ています。小さな紙の破片がするすると滑る様で紙くずが楽に棄てられます。
ただ若干のべたつきはあるようで、小さな紙の粉が容器内に付着してすこし白くなります。

シュレッダー 静電気


2.掃除機
これもまたゴミですが、サイクロン型掃除機のダストボックスに使ってみました。
サイクロン掃除機では中で強力に風が舞うために内部は静電気発生し放題です。

洗えるところをしっかりと水洗いしてから
静電気防止スプレーを全体にまんべんなくかけて見ました。

集塵部にゴミが溜まったらがぱっとフタを開けて捨てるタイプですが、
静電気をとってみたところ、埃の溜まり方、主に小さなハウスダストのたまり方に大きな変化が見られました。
底の方に一カ所に集まっているようで、筒の上部やサイドへの付着が抑えられているようです。
これから付属のハケでさくっと中がきれいに出来ます。

ただしここでも、すこしのべたつきがあるのか内部にうっすらと小さな粉が付着してしまうようです。

サイクロン掃除機 ダストボックス

5D3_2271-20.jpg

3.オーディオ機器
Amazonのレビューをみると、アナログターンテーブルにこのスプレーを使っている方がいましたが
今回は、スピーカーのエンクロージャーとケーブルすべてに使用していきます。

まずスピーカーですが、エンクロージャーは常に帯電していて
埃を吸着していいるのが分かります。
またこの埃はウェーブなどの埃吸着シートをつかって拭いてもさらに静電気が発生して
埃が以下のようにまとわりつくような状況です。これは音質的にも悪影響なのではないかと考えられます。
スピーカーエンクロージャー

4つ折りにして手に持ってスピーカーやラックの掃除に使うウェーブ。通称ワイプ。
ウェ−ブ フロア用ドライシート抗菌EXファイバー 40枚 各社共通【お掃除道具】

主成分がアルコールとは言ってもそのまま吹き付けるのはいろいろと心配なので
ウェーブの埃吸着シートに吹き付けてささっとスピーカーを撫でるように吹きました。
静電気防止スプレー

驚くほど素直に埃が取れます。何往復もする必要なくさくっと表面がきれいになるのが分かりました。

しかしよく見ると、界面活性剤がべっちょり付いてしまっているのが分かりました。
すこしかけ過ぎたようで、直接かける以上に慎重に吹き付けを行わなければならないようです。
5D3_2246-7.jpg

クリーニングクロスで簡単にとれる程度でした。
5D3_2247-8.jpg

この後、スピーカーケーブルや電源ケーブル、XLRケーブルにもささっと
界面活性剤が付いたウェーブでふいてやりました。

意外なことに、普通に埃を拭きと取ったときと静電気防止スプレーを吹きかけた布で拭く場合では音が違うようで
個人的には何もつけずに拭いた場合の方が良いかなと感じました。

ただ、拭いた後は帯電が抑えられてノードストのあの平べったいケーブルにも
樹脂製のスピーカー表面にも目に見えて埃が付きづらくなっていました。

しかし音的にはどうなのかと何とも言えません。

一つ言えるのはこの静電気防止スプレーは要領を間違えると結構べたつきます。

ついでに、同じウェーブでPCのモニタやテレビなどを拭いてみましたが
埃の溜まり方が以前に比べて明らかに少ない上にかなりきれいに埃が取れました。
PC、家電製品なんかにはじゃんじゃんつかっていいのかなと思いました。

■まとめ
TRUSCOの静電気防止スプレーTC-SB200使ってみて
速乾タイプですぐに乾きますが多少のべたつきはあるようです。
静電気を除去する力は結構強いらしく一度吹き付けると1,2ヶ月は帯電が抑えられ
成分はエタノールと界面活性剤だけなので日常のあらゆるものに使えます。
衣類用ではありませんが、成分が同じなのでコートに吹きかけても使えました。
ただ、減りは結構早くコストが少し高めかなと思います。

乾燥して静電気が発生しやすくなる今の時期、静電気防止スプレー一本常備してみてはいかがでしょうか?

TRUSCO 静電気防止スプレー 200ml TCSB200
トラスコ中山(TRUSCO)
売り上げランキング: 310


関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply