0 Comments
Apple Pencil

初代iPadAirからiPad Proに買い換えてから1週間。
今まさにApple Pencilが買い時だと察して買ってみた。

画面領域の拡大とCPUやGPUの強化
それにあわせて、標準のメモ帳などの手書き機能の充実。

デジタルでの文字以外に手書きで図や絵などアイディやメモを残しておきたいことは思いの外よくあります。
いままでやってみたかったことにようやくハードとソフトが追いついてきたような感じがします。

AppleStoreで一緒に買うつもりが買い忘れていたので
ビックカメラの店頭で普通に購入。ガラスケースの中に積み上げられていたけれど結構出ているのだろうか。

店頭の展示機でApplePencilの試し書きは結構やっていたつもりが
実物を持ってみるといろいろと驚きと発見がありました。

続きから実際に使ってみたフォトレビュー。

スポンサード リンク

Apple Pencil
THE Apple いつもの感じ。

Apple Pencil
蓋を開けるのかと思ったらスライドして開ける形。
すーっと引き出しを開けるとまず始めに「Designed by Apple California」ドヤッの文字。

Apple Pencil

Apple Pencil
説明書類と換えのペン先、Lightningの変換アダプターがきれいに収まっていた。

Apple Pencil
いつものビニールをペリペリ剥がして持ってみる。
展示機は盗難防止のケーブルがくっついていて分からなかったけれど
じっくりと持ってみると重量感があって少し長く感じる。重心は中心よりやや後ろ側にある。

早速iPadにタッチしてみるが何も反応しない!…

バッテリーが充電されていないのかと思い後ろのキャップを開けてiPadへ挿す。
Apple Pencil

ApplePencilにはバッテリーが内蔵されていてLightningでiPadから直接充電するしくみ。
キャップは磁石でくっついていて近づけるとぱちっと嵌まる。

いろいろ言われているこの充電方法。
確かに不格好ではあるがこれ以上の方法は無線充電くらいしかないと思う。
Apple Pencil
iPadに突き刺すと、ポロンと接続しますかと画面が表示され、瞬時にペアリングされた。
そうこのApplePencil、Bluetoothで本体と繋げるのであった。

お絵かき用のappを二つDLしてみた。
今は懐かしい、pixiv のアプリ、Pixiv sketch と何かやたら評価が高いMediBang Paintというアプリ。
Apple Pencil

PIXIVって今こんなことになっているのかと口をあんぐり開けている暇もなく、
開いてみて描いてみて何度も重くカルチャーショックを受ける。

iPadのお絵かきappといえばモッサリしていてキャンバスも機能も大してなく有料のものでも
実用には厳しいというのがいままでの認識だった。
それが、無料のアプリで必要最低限を超える機能が付いていて
ペン先と画面との妙な距離感もほぼ無く遅延もほとんどないときた。
iPadPro第二世代になってリフレッシュレートが120Hzになった影響で
軽く線を引いているだけではアナログと変わらない。

デジ絵描くならタワー型PC持つのが当たり前の時代にペンタブを買った身としては
あーへぇーほぉーと驚きっぱなしで口がふさがる暇がない。

筆圧感度やブラシをフィーリングで適当に設定すると
これ完全に液タブじゃん!
iPadで絵が描ける…そう描けてしまうようなのだ

ほぼ初期設定のままちょっと描いてみた。
デジ絵など、何年ぶりだろうか。
久しぶりすぎてもはやすべてが目新しく楽しい。
そういえばこのブログお絵かきブログでもあったなんて懐かしくもなる。

iPad Apple Pencil 試し書き

最初ペン先のゴム素材がやや画面に引っかかる感じが気になったが
描いていくうちにエージングされたのか描けば描くほどに使いやすくなった。
intuosのペンから比べるとやや重いく長いと思っていたペンも
驚くほどよく考えられて作られているのが分かるってくる。
思ったほど手が疲れず思い通りの線が引ける。
そして筆圧コントロールが思っていたより緻密で専用ペンタブよりもずっと操作しやすいと感じた。

これは思い、時間を忘れて色塗りまでしてしまった。

iPad Apple Pencil 試し書き


作例が下手な絵で申し訳ないが
このApplePencilは確実にiPadの可能性を広げてくれている。

めっちゃ使いやすいじゃん!

6,8年ぶりにデジタルで絵を描いてみたが、こんなに楽しくかけるとは思ってもいなかった。
というのも、このApplePencilは、iOSのメモ帳で新築の家の設計想像図でも適当に画こうかと思っていたからだ。


00年代、ワコムのシンティックなどの液タブは
一部の絵描きしか手に入れられないし使いこなせない夢のアイテムだった。

近い未来、誰しもが当たり前にデジタルで絵が描ける日は近い気がする。
いや、もう来ていると思う。

そのくらいあっさりと何の違和感もなく、ApplePencilとiPadは絵が描ける。
日々の雑多な用途として買ったiPadProではあるが、
ちょっとした液タブとして買うのもありかも知れない。

某エ○マンガ先生の某沙霧ちゃんみたいに自由に描ける。

いや下手によく分からず液タブ買うよりも
あとあとYoutube見たりTwitterができるiPadとこのApplePencil買った方がずっとお得かも知れない。

■少し不満を挙げておくと
ペンに少しグリップつけたい
ApplePencilはシンプルの極みで、一本の棒なのだが
指の疲労を考えるとシリコンのグリップが欲しいと感じた。
サードパーティーでいろいろと売られているので試す必要がある。
また買わずとも、布やクッション性のあるシートを巻き付けるだけでも十分使えるとも思う。
Pencil Barrier™(クリアホワイト)Apple Pencil を保護しグリップ力をアップする シリコン製カバー・充電時のキャップ紛失を防ぐ収納ヘッド搭載・〜 ペンシルバリア〜

もう一つ、無駄を徹底的にそぎ落としたシンプルデザイン故にテーブルでじっとしいてくれない。
一休みとテーブルに置くと転がっていってしまう。
専用ケースかペンスタンドが欲しいところ。
欲を言えば、普通のペンのようにクリップをつけても良いのでは無いかと思う。
【正規代理店】belkin Apple Pencilスタンドホルダー アルミニウム製 F8J197BTSLV純正 Apple Pencilケース アップルペンシル (トープ)

純正のケースはちょっと価格が高いのと
グリップをつけてしまうとペンが入らなくなってしまうようなので
文房具屋で適当なケースを探す必要があるようだ。

バッテリーについては、
Amazonレビューなどで突然切れて驚くどこかに残量表示が欲しいなどとあったが
たしかに、バッテリーがどの程度充電されているのか全く分からない。
ただ、トイレへ行っている間など休憩時間にiPadへ挿しておけばそうそう切れることはないようだ。

噂にはまだないが、新しいApplePencilが出るのだとしたら2通りのラインナップが欲しいところだ。
シンプルで最低限の機能を積んだ少し短くて軽量のApplePencilと
ワコムのinutosProのようなボタンを一つか二つつけた絵描き用のモデルが欲しい。
もしだったら反対側の消しゴム機能もちょっとほしいところだ。
それをやってしまったから完全にワコムのペンタブになってしまうのだが。
Wacom Intuos Cintiqオプションペン アートペン KP-701E-01X


次世代iOSはディスクトップへ近づくと言うし、無駄が嫌いなアップルでも不可能ではないだろう。

■最後に
ApplePencilそして、iPadProは、らくがきにはもったいないくらいのハイスペックだ。
スタイラスペンごときに1万円以上出すのはちょっと気が引けるが
使ってみれば分かる使いやすさと緻密な設計に驚くはずだ。

ヨドバシの店頭の液タブで落書きしたことがある人はそれなりいるはずだが、
絵描きでなくてもするすると何でもかけるのは面白い。
surfaceなどの強力ライバルが存在するが液タブという未来のツールが身近になったのは大きいと思う。

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD 【2015年モデル】 DTK-1301/K0

iPadの可能性を広げてくれる一本。
iPadPro買ったらとりあえずApplePencilも買っておいて損はないと思う。
Apple Pencil MK0C2J/A
Apple Pencil MK0C2J/A
posted with amazlet at 17.09.03
Apple Computer
売り上げランキング: 493




17/08/26 ビックカメラ店頭 11,635円 1985P → 9668円支払い
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply