0 Comments
MacBookPro レティーナ13インチearly2015

ここ半年程度、MacBookAir調子が悪くちょくちょくフリーズして困っていましたが
完全に使えなくなる前に買い換えたいと言うことで急遽MacBookProの13インチへ買い換えました。

ブログをあさってみると、
同じ13インチでMacBookAirとMacBookPro。どちらを買うべきか悩んでいる方が多く見られますが
全く悩むことなくProを選びました。その理由をざっくり書いてみると

1.レチーナ液晶
Airを使っていて最も気になっていたのが液晶の荒さです。
多くの方がレチーナパネルは必要ないと判断しているようでしたが
しばらくiPadAirを使ってみてレチーナの恩恵はどんな作業でも十分にあると感じます。
まず第一に文字がくっきりしていて目が疲れにくいことです。
Airの液晶はレチーナ以前の問題でIPS液晶ではなく角度に弱く色もいまいち出ません。

画質に拘るならProですが、
スマートフォンやタブレットがではレチーナが当たり前の時代にAirの液晶はどうにも荒く見づらいんです。


2.マシンスペック
港ではメモリは4GBあれば十分だと言われるようになりましたが
LightroomやiMovieでの簡単な動画編集など未だにメモリはいくらあっても困りません。
整備済み品でメモリが8GB以上のモデルが出るのは今のところProだけです。
またCPUですがAirは固体が薄いために排熱があまりよろしくなく
真夏は動画の書き出しなんてやってしまうととんでもなく加熱します。

冷却性能はProのほうが若干有利。CPUやグラフィックもProが断然上のモデルが積んであります。
ゲームや動画編集、写真現像などやや重たい作業をするなら断然Proです。

3.若干のサイズの違い
MacBookAirを3年ばかり使ってその後iPadAirを導入したらMBAを外に持ち出す必要がなくなりました。
移動すると言っても部屋の中でPCデスクかソファーくらいの移動です。
こうなるとAirの持ち味である軽さや薄さがあまり意味がありません。
加えて、ProとAirの13インチでは大きさが若干違いProの方が一回り小さく厚いです。
PCデスクの上が混み合ってきて幅と奥行きが少し小さいProの方が扱いやすいと感じました。

外へ持ち出さないならば実は13インチの場合だけProの方がコンパクトでデスクのスペースが節約できます。

そんなわけで迷わずMacBookProを選びました。
ただProでも13インチと15インチがありますが、PC机のスペースの都合上13インチを選びました。
15でも入りますが整備済み品でも予算オーバーになってしまうのとサブ機なので妥協が出来ました。

このスペースにMacBookを置かないといけない。
MacBook Air 2012 13インチ T1


続きから簡単な写真レビュー

スポンサード リンク


整備済み品です。注文した翌日に発送その次の日には受け取れました。

MacBookPro 13インチ

MacBookPro 13インチ

MacBookPro 13インチ

MacBookPro 13inch early2015
CPU Core i5 2.7GHz
RAM 8GB
SSD 256GB


MacBookPro 13インチ

いつもの箱にいつもの梱包。このあたりはもう今後も変わらず、変える余地がないような気がします。
MacBookPro レティーナ13インチearly2015

左がMacBookAir13inch 右がMacBookPro13inchです。
見て分かるとおりProの方が一回り小さいです。
MacBookPro 13インチ

ディスプレイの蝶番のあたりはほぼ同じ
MacBookPro 13インチ

1.5cmくらいはちいさい。
右手側のスロットはSDカード、HDMI、USB3.0です。
ゲーム実況などをやるときはHDMIが大変重宝するようです。
MacBookPro 13インチ

左手側はMugsafe、Thunderbolt二つ USB3.0、ヘッドホン端子マイクです。
Thunderbolt端子は変換すれば何にでもなるので便利ですね。マイクはデュアル。
Mugsafeは2012年のものと同じでした。
MacBookPro 13インチ

左がPro、右がAirですが、Proには底面外側に通気口が空いています。
たったこれだけで冷却性能が断然に上がるようです。
MacBookPro 13インチ

キーボードの配列は同じ。
MacBookPro 13インチ

新しい感圧式トラックパッド。
下の方でしかちゃんとクリックできなかった旧タイプと比べたら嬉しい進化ではありますが
ほとんどの人はタップでクリックを使っていると思われるのでそんなに恩恵は感じませんでした。
ただクリックした感触はおもしろいし、フィードバックの強さ音の大きさが変更できるようになっています。

キーボードはProの方が若干キーストロークが長くうち心地が良いようです。
MacBookPro 13インチ

AirからProに乗り換えて、トラックパッド側がやや分厚くなりましたがさほど気になるようなことはなく
指を引っかけるくぼみのアルミ削りだし感がとても良い感じです。

買い換えて分かった、Mac→Macの移行作業の簡単さ。
タイムマシンからそっくりそのまま移しましたが、本当にストレスフリーでした。

そしてなにより、レチーナディスプレイのありがたさです。
Airではコントラストが甘く文字でも写真でもぼやっとしていましたが
Proのレチーナはかなり綺麗でくっきりはっきりしています。

メモリは以前と変わらず8GBですがサブマシンの軽作業ではぎりぎりですがまだ大丈夫です。
やはりCPU性能が1.8GHzから2.7GHzと大幅に進化したのは大きくマインクラフトもそれなりに動かせそうです。

なによりストレスだった、スリープを解いてからWi-Fiにつながるまでの時間がほぼなくなりました。

整備済み品ということでお買い得だったかなと思っていたのですけれど、
もうじき新型が出るらしくまた円安で値上げされた後で価格的にもスペック的にもお買い得感はそれほどなかったようです。

綺麗な液晶と新品のさくさく感、非常に快適になりました。
本当にこのあたりの製品は欲しいときが買い時かなと思います。

以上。Macを買い換えたお話でした。



2016/01/22 Apple MacBookPro 13inch 158,004円(税抜146,300円)
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply