0 Comments
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

ノードストのスピーカーケーブルをミニマに繋げてみたら予想以上の効果があり
802ではなくこのままミニマでいいかなと思ってもやはり802に使うことに。

一応ケーブルは元々802に使っていたオーディオクエストのRocket88.2がありましたが
ミニマにはあまりにも不釣り合いだったので
しばらくの間、スピーカーブック2013の付録ケーブルで聴いていました。
これもまた不釣り合いと言えば不釣り合いですが…
スピーカーブック2013 (CDジャーナルムック)


一応88.2も繋げようかなと心が動いたりしたのですけど、
あれ単線で3メーターもありまた取り替えるのが大変だなとそのまま倉庫へ片付けられています。

さすがに、雑誌の付録ケーブルとAmazonのバナナプラグではあまりにも味気ないので
ミニマに合いそうなケーブルを探して、余り考えずにLUXMANのバナナプラグとケーブルをヨドバシで購入。
ラックスのケーブルは割と良心的なのと切り売りなので好きな長さに出来るのがポイントです。
またプリ、パワー、スピーカーケーブルとメーカを揃えてこれまたすっきり。

続きからケーブルを剥いてバナナプラグを取り付けるだけの簡単な作業。

スポンサード リンク

LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

ケーブルは一巻き50mだそうです。全部売ると15万円か…。
切り売り3メーター買いました。
なぜかヨドバシ.comで買えなかったために店頭で注文して後で取りに行きました。
バナナプラグの方は現金値引き+ポイントで一応ネットでも最安に揃ったかなと思います。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

LUXMANのアクセサリーはこれで二つ目ですけど、
バナナプラグは必要以上に箱が高級品っぽいです。いや高級か。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

バナナプラグのパッケージ内容は
本体四本
専用六角レンチ 一個
極太用 短ネジ八個
となっています。

LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100
ケーブルの方はLUXMANの電源ケーブルで見慣れた感じです。
JPA-15000と比べると少しばかり細く見えます。

ラックス 電源ケーブル1.8m JPA-15000(ラックス)

早速加工開始です。

まずは真っ二つに。
初めハサミでいけるかなと思ったらいけず、
古いニッパーでいけるかなと思ったらまだ切れず
電気工事用ペンチでようやく真っ二つに。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100

外側のジャケットは非常に柔らかくカッターの刃がスッと入りました。
二本の線とドレイン線と呼ばれる細い銅線が出てきます。
ドレイン線の扱いはいまいち不明なためここではそのままです。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100

赤白のPE絶縁体ですが、非常に硬いです。
今回はバナナプラグをつけるため、1cm弱剥きました。
剥いてみて気付く、導線の太さ。
外側のシールドで太っている、まるでスーパーの衣が厚すぎるエビフライみたいなケーブルが沢山ありますが、
OFC銅線をこれでもかと0.25mmを100本緩く結ってあります。
飾ること無く基本に忠実。このJPS100の最大の特徴と言って良いでしょう。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100

さてバナナプラグの取り付けですが、
今回使う、JPB10ですが大きく三つのパーツに別れています。
どうやらスリーブを外してネジで留める以外にも先端のネジにめきつけて圧着する方法もあるようです。
今回は説明書の推奨通り中に差し込んで二本のネジで留めます。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

六角レンチで留めるネジですが、極太ケーブルにも対応しており短いネジも用意されています。
今回のJPS100の導線は非常に太いですがギリギリ元から装着されている長いネジで十分留められます。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

ネジは2mm程度ならはみ出しても大丈夫。
六角レンチが細くそんなにきつく締めることは出来ませんでしたが
二本のネジで留めるのでそこそこの安心感があります。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

真鍮削り出しの24Kメッキとだけあり見た目も非常に美しい。

LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

一時間弱かけて完成しました。
大したことはやっていないのですけど、こうしてみるとかっこいいかも知れません。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

早速、ミニマとM600Aを接続。
LUXMANのパワーアンプの端子は距離が予想以上にあり、もっとジャケットを剥かないといけなかったようです。
カッターですーっと縦に切れ目を入れました。
それからこのバナナプラグ、非常にがっちりと固定されます。
LUXMAN スピーカーケーブル JPS-100 バナナプラグ JPB-10

余りにきつく固定されているので逆に導線がすっぽ抜けそう。
それからドレイン線でショートしないように注意が必要です。
余り気にしないのならすっぱり切ってしまうのが良いかなと。
通常-側に接続するらしいです。

AmazonのガバガババナナプラグからLUXMANの高級バナナに交換。
これだけでも接点が凄まじく改良されている感じです。

バナナプラグをネジ止めするだけと高をくくっていたらどうしようも無く細かい作業と
ケーブルの硬さに参りました。
モンスターケーブルの末端処理をしたときも言っていましたがこの値段出すなら完成品を、、、
いやLUXMANのスピーカーケーブルはこれしか今売っていなくて……

スピーカーケーブルのJPS-100に関しては相当硬く太いので普通のバナナでは無くやはり
LUXMANのバナナかYラグが最もいいように感じます。
セットで買いますとそこそこのお値段になってしまいますが、LUXMAN好きなら迷わず行きましょう。

Yラグとバナナですが、どちらでも同じような結果が出せると言うことで
片側だけYにしたりも十分に可能かなと思います。
またネジ式なのでケーブルの長さを変える事が出来るのもすこし嬉しいポイントです。
値段が少し高めなのが少し気になりますが、24Kメッキの真鍮削りだしで、見た目も非常に綺麗です。

日本製の気の利いたアクセサリーかなと思います。

ラックスマン LUXMAN () 真鍮無垢削り出しバナナ端子セット(4個セット) JPB-10 ラックスマン ラックス Yラグ(4個1組)LAXMAN JPY-10



14/11/06 ヨドバシ店頭 JPS-100 3M 8,730円 JPB-10 二組 14,270円 合計23,000円 +2301P
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply