0 Comments
WS50

新しいオーディオ買いました。いや体重買いました。

こういった健康家電?は長らくオムロン製品を愛用してきましたが、
ウェルネスリンクになんだか信頼が置けなくなってきてアップルストアでも人気の体重計買ってみました。

現在使っているのがTANITAの古い奴でなんだか数値にブレがあるようで正確な値が取れていないようでした。

スポンサード リンク

仏 Withings社の体重計ですが、体重計でフランス製というのは一体どういうことだとやや疑問ですが、
調べたところ体重計に置いてはこのWS50がデザインから機能性までどこをとっても最良らしい。
何よりアップル製品との相性がとても良く、デザインもまるでアップル製品のごとく美しいです。

Amazonで買いました。大きな段ボールに入ることなく剥がせる伝票が直で貼られる形になっていました。
最近のAmazonは送料の節約がやたらに目立ちますね、
IMG_5851-1.jpg

IMG_5853-2.jpg


IMG_5854-3.jpg

IMG_5855-4.jpg

ピザの箱をあける感じで本体が登場。
内容も非常にシンプルで説明書の簡易さにおどろきました。
まさにアップル製品を彷彿させます。
WS50

カーペット要の足。両面テープで直接貼る形になっていました。
板の間では不要です。
WS50

早速出してみると、表面のガラス張りが非常に美しいです。
WS50


WS50

薄いです。iPadみたいです。i体重計です。
WS50

最初から使える電池が入ってる新設設計。
WS50

最大の売りである、Wi-Fi機能ですが、これがまた驚くほど簡単にセットアップできます。
説明書が要らないくらいです。
WS50

裏のスイッチにタッチしてして、appをインストールして後は指示通りに
現在の身長や体重を入れていくだけです。最大8人分登録できます。
WS50

早速使おうと思ったところ、電源ボタンが存在しません。
また他の操作もいまいち不明です。
何より体重のはかり方のような説明が説明書として入っていないのです。

答は非常にシンプルで簡単でした。
そのまま乗るだけなのす。
乗るだけで体重、体脂肪、脈拍、MBI、気温、CO2濃度などが次々と表示されます。
ユーザーはこの体重計に15秒程度乗っているだけで良いのです。
それだけで全てのデータがWi-Fiでクラウドへ送られグラフになります。

体重計で脈拍まで測ってくれるのはなんだか新しいですね。
これを信じるからに古い体重計では体脂肪率がちゃんとはれていませんでしたし体重にも少しの誤差がありました。

アプリを見ると先週との比較や目標体重などたくさんデータが見られます。
またTwitterやフェイスブックなどと連携でき計ると
随時自分の体重がリアルタイムで世界へ向け発信されます。
これは体重管理が捗りそうです。

同シリーズに機能が少し省かれたW30がありますが、
お値段的に大した差がないので断然WS50をオススメします。
たいしたことないと言っても体重計としたら結構なお値段ですが、
これほどまで親切設計ならば納得と言ったところ。

体重計に乗るという行為がこれほど楽しくさせられたのは初めて。

毎日の体重測定を少し楽しく賢く。

世界中で様々な人がレビューをしているWS50ですが、
健康管理が気になってきた方にかなりオススメです。
デザインが洗練されてて操作が簡単でプレゼントなんかでも喜ばれるかも知れません。

一点だけ難点を言うなら、少しお値段が…とそれだけです。




おまけ
フランスからの最新技術を駆使したデブアレ120。セッティングしました。軽い薄いそしてカッコイイ!
しばらく聞き込んでからレビューしたいところです。
Withings WS50
Withings WS50

ケーブルを這わせてそれっぽく飾ってみたらみごとに一人騙されました。
非常にシュールです。




Amazon 214/8/29 16,635 (*3.5 *93.3)
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply