0 Comments
IMG_0490_20140507205601eb7.jpg

様々な場面で、音の大きさを測る事がありますが、
現在ではiPhoneやiPadなどで手軽にフリーのアプリで騒音計が使えます。

しかし、その値はどの程度正しいのでしょう?
もし本物の騒音計と同じレベルで測れるならば
大きくて重くてそれなりのお値段がする騒音計を買わずとも済みます。

気になったので実際に調べてみました。

Apple iPod touch MD720J/A <第5世代>

スポンサード リンク

今回は久しぶりに動画。

※大きな音が出ます。音量を下げてご覧ください。


iPod Touch 5G、iPad Air、騒音計の三つで数値の違いを比較してみました。
詳しいことは若干見づらいですが、動画をご覧ください。

使用app
UE SPL※無料(iTunesstoreへ飛びます。)

今回出来るだけ正確な比較が出来るように、ケースやカバーを外しました。
またマイクの位置も出来るだけ合わせました。

寸感
ピンクノイズやホワイトノイズではあまり差は無く、
スイープ音で、低域と高域にそれぞれマイクの特性が出ていたように思われます。

アプリでは1KHz程度では差は少ないようですが、8kHzあたりから数値が怪しくなります。
同じように低域も拾いにくいようです。

またTouchとAirではTouchの方がほとんどの音で+6dB程度高めの値が出続けました。

全体的にアプリの方が高めの数値が出ましたが、ある意味この程度の誤差であるならば
本物の騒音計は必要ないように思えます。

またUEのアプリですがカテゴリーがエンターテイメントです。
アプリの中でももっと正確に測れるappがあるのかもしれませんが
内蔵マイクはお察しレベルですのでまあ無料のappも高級appも変わらないかなと。


■騒音計を買った方が良い場合
・iPhone本体ををケースでがっちりとガードしている
・低域や超高域までしっかりと測りたい
・外などで風が吹いている
・凄まじい大きな音も測りたい
・正確な数値を出したい
など。

基本的にappで十分な気がしますが各自判断してください。
また今回使った騒音計はそれなりのものですので、
実のところデータの信頼性は…。?

騒音計が一台あると何かしら便利なので安物でも一台持っておくと良いかなと。
微妙に高いappを買うよりもオーオタならば実物を買うことをオススメします。
ただ無料でそこそこに使えるのでUEのappは入れていて損はないかと思います。

サンコー 小型デジタル騒音計  RAMA11O08
サンコー
売り上げランキング: 430
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply