0 Comments
bee wynn deck スタンダードインデックス ブルー

フレンチで600円で売られていたのをスルーして数年、
この頃気になりに気になっていたbee wynnをようやく入手しました。

レビューで良く目にする「ぺたぺた感」「発色の良さ」とはどんなものなのか?
何にしてもゴールデンナゲットやジェリーズナゲットのようなダサさはなく
品のあるデザインがとてもそそります。

実際に確かめたかったのですが店頭からの在庫は完全に消え、
買えるのはオークションだけとなっています。

一番高いはずのジャンボインデックスのブラウンでも
一個三千円のイメージあったのですけど、三個セットで四千円切っていたりで意外と高くないなと。
それでも最近相場が落ち着いてきたのか、思ったほど高騰していません。

高いと言うより、オークションがめんどくさいという理由で購入には至っていませんでした。
何にしても面倒なので、
ぱぱっと探してとりあえず青があったのでこれでいいかとさっと落札したという適当な買い物でした。

続きにYoutubeへ上げた動画と簡単な感想

賭けの考え方 (カジノブックシリーズ)

スポンサード リンク


bee wynn deck 開封動画(youtube)

bee wynn deck スタンダードインデックス ブルー


開けてスプレッドした最初の感想は、「なにこれ?」です。
動画を撮っているのに声が出そうになりました。

次に絶妙な発色に目を奪われました。綺麗です。
とりあえずたまに広げて眺めていようかなと思います。
何といえばいいのか、眺めていたら満足しました。(^^)/~~~

bee wynn deck スタンダードインデックス ブルー

ジャンボインデックスとスタンダードインデックスでは
スタンダードの方が滑りが悪くパケット分けが楽だという。
しばらく使い込むと良い感じに広がるようになるとか。

硬さはbee、滑りは古くなった現行AVIATORクラス。印刷に関しては最高。

フラリッシュに最適。まさにその通りなのですが、
このトランプはフラリッシュ用に設計され作られたトランプではなく
実際の”カジノで使おうとしていたデック”らしく、諸事情で不採用となり表に出てきました。
しかもカジノではマジックと違いカードを慣らすとかそいういう下準備はしないはずです。
初めからこの滑り具合では使用に耐えないはずであると。
そう考えると、この塊感は絶対おかしい。beeブランドが揺らぐくらいおかしい。

このbee Wynn誰かがジェリーズナゲットを目指して故意に作ったのではないかと疑いたくなります。
ディール系の技法などかなり辛い感じを見るとある意味で不正防止なのかもしれませんが。


レアデックは消耗品のくせして高すぎると言われますが、
大事に扱っていれば紙のトランプは10年以上持ちます。
もうすぐ10年選手のバイスクルが手元に一つだけありますが、買った当初と何ら変わりありません。
なので、よほど気に入らない限りバイスクル以外のデックは一種類につき一つしか買いません。
多くの色物デックが新品同様のまま防湿庫に収まっています。

多くても使用、保存用、予備で三つあれば余裕です。
何にしてもカード収集家ではないので。

カード系の趣味と言えばトレーディングカード系がありますが
あっちのほうがすこぶる高いです。しかも紙自体には価値はなくお札みたいな扱いです。
加えて、価値を決めるのはメーカーでレアと行ってもメーカーの匙加減です。
しかもカードゲームの場合一人ではほとんど機能しませんし
同じ仲間が居ないとこれまた何も始まりません。

逆にマジックやフラリッシュは一人で練習が基本です。


ああ、遊戯王カードでフラリッシュやったら最強じゃないかと(?)

関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply