1 Comments
u-104.jpg

 802Diamondが来てから半年程度が経ったわけですが、
未だにベストポジションというものが見つかっておりません。

初めに、某スピーカーの説明書にあったセッティング方法を基準に、
少しずつ煮詰めていくという方法をとりました。


u-108.jpg


一番最初に写真の 縦横それぞれ壁から部屋の長さ三分の一ずつの場所(ポイントA)に置きました。
二つの十字がそれです。例によってテープはパーマセルテープ 白
白は上に文字も書けるので色々と便利です。

しかし爆音にしたときスピーカーが近すぎ、音が突き刺さるようで
この部屋に適した位置ではないようです。息苦しくて堪りませんでした。

そこから、2番目に良い位置だという、縦横それぞれ壁から部屋の五分の一ずつの位置(ポイントB)につけづけていきました。
しかしポイントBに置いてしまうと壁から近すぎるために低音がよろしくありません。
そこでポイントA、B間にあるベストポジションを探し出すことを目標に
数週間おきにスピーカーの角度を変えたり、
前へ出したり引っ込めたり…日々微調整を繰り返しています。

スポンサード リンク

そして今日。

なんとなくスピーカー間隔が狭いなと思いぐいっと動かしてみました。



u-109.jpg

窓側をぎりぎりまで壁に近づけましたが、考えてみるとこっちにはカーテンがあるので
意外と壁にくっつけてもいけそうです。

u-107.jpg

PC側はすこし後ろに下げほんの少し窓側にずらし完了。

オーディオボードの裏にフェルトをまんべんなく貼ったのは正解でした。
70kgあるスピーカーでも一人でずらすことが出来ます。

さらに、内ぶりにリスニングポイントで結ばれていたスピーカーをさらに
内ぶりにし、焦点が顔の前辺りでクロスするようにします。
現在45度程度で今までになく鋭角です。

これは5月5日の反省を踏まえての変更で、録音が悪い音源でも耳が疲れにくくなるはずです。

オーケストラを聴くと音場がずいぶんと広くなったなという印象です。
意外なことにボーカルものを聴いても口が肥大することはありませんでした。
これはB&Wの不思議なところです。おそらくツイーターが良いのでしょう。

現在のセッティング。
u-105.jpg


同じスピーカーでも位置を少し変えてあげるだけでずいぶんと印象が変わります。
どれがいいのかまだわかりませんがとりあえずは
スピーカー間隔広め、内ぶりでやっていこうと思います。

夏は暑苦しいので出来るだけ開放感のあるセッティングで
冬になったらまたぐいっと前に出すかなと思います。




u-106.jpg

いつの日か追加したケーブルインシュレーター。一個ホームセンターで90円
カッターとヤスリを使い角を丸くして使ってます。
効果があるかはわかりません。?
数が足りてませんが毎回3つしか売ってないのです。

山本音響工芸 キューブベースアサダ桜材(4個1組) QB-2 QB-2
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 1

There are no comments yet.
あ  

以前、マランツの人が
「Diamondシリーズの内振り角度は
試聴位置からちょんまげのおしりがチラっと見える感じにするといいですよ~」と言ってたと思います。

あと、センターに拡散パネル?だかを置くといいような
ことも言ってたと思います。

あやふやな記憶ですが、たぶん合ってると思います!

2013/10/03 (Thu) 02:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply