0 Comments
AVIATOR 旧 箱

ペンタクルというショップからAVIATORを買ったらカードの質が明らかに変でした。
また別なショップでAVIATORを買うとまた違う品質のデックが届きました。
一体なぜなのかなと思って検索してみると現在でも古いタイプと新しいタイプが売られているようです。

運が悪いのか良いのかわかりませんがオールドデックが手元に1ダースちょっとあります。

AVIATOR 旧 箱

AVIATOR 旧 箱

AVIATOR 旧 一ダース


AVIATOR 旧
プレスの精度が悪くえらくがさがさしています。
品質にばらつきがあるようでまだ使えそうなのもありました。

AVIATOR 旧


AVIATOR 旧
開封直後は大変滑りにくいです。使っていくうちにだんだんと滑るようになってきます。

AVIATOR 旧
なぜかかみ合いますが、すっとは入りません。

続きからオールドと現行デックの簡単な比較

スポンサード リンク

左が現行右がオールド


原稿アビエーターの詳しい情報はあすぱらさんとこで。
カード別使用感 Aviator

ペンタクルの説明によると。

世界的カードメーカー、U.S.プレイングカード社のトランプ。現在では絶版になっているトランプです。
アビエイターとは飛行家のこと。ボックスデザインは古いタイプで、市場ではあまり見られません。

現在のバイスクルトランプによく見られるエンボス加工はされておらず、表面はスベスベとしています。
昔のバイスクルの程よくスベる感触が好きな方にはおススメです。



オールド:箱の表面ががさがさ
現行:つるつる

AVIATOR 新旧

飛行機の滑空跡が白か金色

AVIATOR 新旧

オールド:バーコード無し
現行:バーコードのあり

AVIATOR 新旧

オールド:シールが色あせている
現行:バイスクルと変わらない

AVIATOR 新旧


オールドAVIATOR
AVIATOR 旧

AVIATOR 旧

現行AVIATOR

AVIATOR 新

AVIATOR 新
エース、ジョーカー、広告カードそれぞれ違います。
このエースのデザインはかのジェリナゲと同じでした。

その他のカードデザインは同じと行って良いでしょう
違いといったら発色が現行の方少しだけ綺麗な気がします。

バックの色
オールド:くすんだやや薄い青
現行:くっきりとした濃い青

表面の処理は
オールド:ぬめぬめ 浅いエンボス
現行:つるつる スムース

広告カードを抜いたワンデックの重さは
オールド:84g
現行:89g

※バイスクル 90g

広告カードを抜いたワンデックの厚さは
オールド:14.8mm
現行:16mm

※バイスクル 15.3mm

カードの堅さ
現行≧オールド(>バイスクル)

現行AVIATORについて
バックのデザインが原因なのかこのAVIATORは安くクオリティーが高いにもかかわらず
愛用している人はごく僅かです。
デック収集家でなくても一度は使ってみたいデックです。
なんと言っても日本のマジックショップで買っても一個200円です。

オールドAVIATORについて。
それなりに古いデックのようですが現在でも一個300円以下で買えます。
ビンテージ品と言って良いでしょう。が、扱いやすさは何とも言えません。

薄く軽く硬く滑らないということからごく一部のマニアには受けそうです。
しかしばらつきが激しく使えない個体は徹底的に使えないかもしれません。
最初100均トランプ以下だと思いました。
加えてバックのデザインから、見栄えがよろしくないというのが一般の意見のようです。
なんとも惜しいデックかなと思います。



オールドアビエイターは最初、大はずれ引いてしまったかと思いましたが
使っていくと少しずつ手に馴染んできてそこそこ使えるようになりました。
しかしバイスクルの方が使いやすいというのが本当のところです。
場合によってはパケットがばらけにくくコシが強いため、flourishがやりやすかもしれません
それでもバックのデザインがどうもぱっとしないので永遠に投げ売りされる運命なのでしょうね。
まあ安いので練習用デックとして旧新ともにオススメです。

BEE(ビー) Wynn Deck STANDARD INDEX トランプ 赤/青 2デックシュリンクパック
関連記事

スポンサード リンク

みかさ
Posted byみかさ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply