Ctrl+Z アンドゥ

趣味のブログ。

【常用デック】品質が悪いKYスタンダードバイスクルの代わりになりそうなトランプを比較レビュー

0 Comments
みかさ
バイスクル USPC社 トランプ

トランプの王様バイスクルそしてUSPlayingCard社の話です。
手品、カジノ界では名前を知らない人はいないU.S.P.C社ですが、
2008年にガフデックの製作を行わないと宣言。
2009年には工場をオハイオからケンタッキー(KY)へと移りました。
マジシャンの間では、バイスクルの質が大きく落ち扱いづらくなったと言われています。

現在では、USPC社製デックのラインナップの中でも”使えないKY製”とひとくくりに出来ないほどに様々なデックが造られ販売されています。
中にはOHIO製デックよりもクオリティの高いものもありますがやはり、
オハイオよりも総合的な質は落ちているのかなと思います。

ころころ変わる箱のデザイン、デュプリケートでないジョーカー、安定しない品質、ガフデックの公式制作終了…
様々な問題が浮上していく中で、2010年頃よりカーディシャンを中心に
マジシャン専用の普段使い出来るトランプの開発が盛んに行われるようになりました。


OHIOバイスクルとともにマジックを学び練習し生活してきたマジシャンのための
新スタンダードデックを探すお手伝いが出来ればと思います。

またこれからマジックをはじめる方、KYバイスクルの品質しか知らない人にも
現在普通の売られている質の高い自分に合ったトランプが見つけられればなと思います。

■常用デック候補一覧
・バイスクルスタンダード (KY 2010年以降)
※以下スタンダードと呼びます。
・バイスクル ライダーバック (OHIO 2009年以前)
※以下ライダーバックと呼びます。
・バイスクルマンドリン (KY)
・バイスクルメイデン (KY)
・バイスクルエリートエディション (KY)
・バイスクルゴールドスタンダード (OHIO 在庫のみ)
・フェニックスデック (ドイツcard-shark社 USPC印刷)
・エンパイアキーパー (台湾)
・アルス バック (台湾)



候補に挙げたトランプの基準としては、
・マジシャンが使う上で白縁がある・紙製の箱など最低限の機能がそろっていること
・一個あたりの価格が1000円を超えず、安価であること
・入手性が良く割とどこでも買えること。
・日常的に使うトランプとして違和感のないデザインであること
など。
OHIOバイスクルを基準に採点評価していきます。

秋の恒例行事、100万PVの今年選んだ一品

0 Comments
みかさ
みかささん

9月17日を無事迎えることができ、
さらにはあの台風が来ていた一日で書きたいことが大方書けた日でした。
やる気スイッチこと、一度集中状態に入ることができればこちらのものです。
ただ、もう少しプロットというのか下書きをしておくのだと思ったり思わなかったり。

このブログの開設記念日が来るともう朝肌寒く虫の息も小さく夏も終わり秋が来て
季節の移ろいにすこし感傷に浸っているかと思ったら、
今日はカンカン照りで30度を超えそうな暑さだったり。

10年という節目で丁度良く100万PV達成することが出来たのもまたひとつ大きな意味があるかなと思います。
個人の日記とは言え、今の今までブログやり続けていて100万PVも行かないのは逆にどうなのかと。
Youtubeなんか見ていると登録者数で100万人だったり
再生回数で言ったらしばしば億を超えます。

記事数では一個前の記事で1397個目の記事で
累計PVは103万、UUは48.5万
一日あたりで最も沢山人が来たのは 16年12月12日の2075PV
最もPVが集まった月は2015年の1月 14408PVでした。

いくつかのキーワードで検索1位を獲得できたために
流れが来ると、たまにPVが跳ねることがあります。

SEO視点でみたら、このCtrl+Zというタイトルで結構な損をしているのは明白
ですが、どうもここまできてしまったからには変えるわけにはいかないかなと。
開設当時は、人生に戻るボタンがあったら便利だなていどの気持ちでつけた覚えがあります。

毎年この時期になると、10年前に購入したintuos3にちなんで
よく考えて何かを買っています。

去年は卓球ラケットでした。
もうすでに約半年体育館へ行っていない状態ですが、
機会があればまた復活させたいと思ってはいます。

9/17 C+Zブログ 10周年 ブログを何となく始めたら10年経っていた話

2 Comments
みかさ
9月12日 ケーキ

2007年の9月17日にこのブログを立ち上げた経緯をちまちまと綴ろうと思う。
できればもっときれいな言葉でスマートに書きたいとは思うけれど
今の自分の力で精一杯のことばで、伝えられることを願う。

あまりやる気のない身体で、下書きもないままにどこへ行くのか分からないけれど
しばしお時間を頂けたらと思う。


0.

10年経ったからこそ言えることがある。それがなにであったっとしても。

初音ミクの衝撃的な登場から早10年。
ミクが発売した当時ニコニコ動画は隆盛を誇り、音楽の世界が本当に変わったとまで言われた。
ちょうどミク関連のニュースが流れてくるとうちのブログもそろそろかと思うようになったのはいつ頃だろう?

加えて今年、iPhone登場から10周年ということでiPhoneXが登場した。
2007年、iPhone登場で米国を中心に世間を賑わせていた頃、
10年前の当時、遠い海の向こう側の出来事と思いながらもついに自分も携帯電話を持つ日が来たかと思った。
その時日本で誰もが当たり前に持っていた折りたたみ式のいわゆるガラケーとは何もかもが違った。

世界が目まぐるしく変わろうとしているその最中にこのブログが誕生した。


1.

さらに遡ること10年ほど前のこと。
Microsoft社からWindows98のパーソナルコンピューター用OSの発売、
w95よりもずっと進化し個人が普通にパソコンを持つようになったのが現実的になった時代
技術職だった父は自分自身のために家族のためにヨドバシカメラで突然パソコンを買ってきた。
買ってきたと行っても当時windows98は30万円程度していたし、家族を持つ父としては大きな冒険だったと思う。
その日のことは未だに鮮明に覚えている。子供ながらにその時、母がみせた顔はあまりにも印象的だった。
当時小学生だった自分は、ハイスペックすぎるその似つかわないおもちゃに日夜釘付けとなった。
あまりにもずっとPCばかりを弄っているものだから母に心配されたこともあった。

自分は、紙の本が普通に読めない。
それが文庫でもマンガでもあってもだ。少年ジャンプですら興味がなかった。
なぜだか分からないが、活字というものがものすごく苦手な子供だった。
今でも本はほとんど読まないのだが、まともに読んだ本というのは数えるほどしかない。
そんなので国語がとにかく苦手、中高の現代文のテストはほぼ運まかせみたいなものだった。

ただそれが、デジタル、液晶画面になるとある程度読めるようになるのだ。
世間では新聞や本を読めと口うるさく言われるが、かまうことなくPCに齧りついていた。

世間よりも早くいつのまにか自分はPCがない世界は考えられなかった。
何よりもPCが好きで、母に言わせると子供の頃やっていたことはPCくらいしか記憶にないという。
PCが好きだと言っても何か特別なことが出来るわけではないし特別やりたいこともなかった
しかし、インターネットの登場でPCはただの演算機から世界と繋がるための窓となった。


もともと、幼い頃から言葉の出が遅かったと母は言う。
言葉を知らない上に活字が読めないのだから、同級生の中でも年を取るとともにそのの差は年増に大きくなっていった。
小学校では作文なんてかかせたものなら、クラスの友達が次々に終わらせていく中で、
毎度のことながら時間内に書けずに家へ持ち帰ったりした。
それでも書き上がらないのだから、そのまま宿題を踏み倒したりもしていた。
作文が大嫌いだった。中学の読書感想文はインターネットの力を借りて何とかした。

ことばが分からないのだから他人とのコミュニケーションもちぐはぐで一方的だった。
いわゆるコミュ障なのだが、それがどうにも普通のコミュ障とは違うようである。

このコミュ障、コミュニティとの疎外感をいっそ加速させてしまったのが携帯電話の普及である。

あの小さな画面と小さなボタンしか付いていないガラケーで
他者とコミュニケーションを取るなんてことは考えられなかった。
親や友達にケイタイをすすめられても自分には必要ないとすべて断った。

ケータイとはなんと不自由なことだろう。
というのもそれまでいや今も、携帯電話というものを持っていない。

高校では誰もが普通に携帯電話を持っているにもかかわらず、一人だけ持っていないような状態で
クラスの友達がメールを使ってネットを介して色々なやり取りをしていく中で
本当のコミュニティの中には入れずずっと孤独感が漂っていた。

それでも国語以外の成績はなぜだかよく出来ていて
マジックなんかが好きで少し出来たものだから、えらい変わり者としてクラスにでは存在感はあったと思う。

そんな高校生活もある夏を境におかしくなってしまう。
元凶となった出来事はいくつかあったのだけど長くなるのでここでは省略するが
高校2年の夏頃、当時進学校にいたために夏休みというのは実質ないに等しく
皆課題と部活に追われるせわしい日々を送っていた。
自分は高校の時運動部には入っていなかったのだけど、体力的にギリギリの生活をしていた。

というのも、もともと食細く、中学から給食はほとんど完食できなかったし
高校は弁当だったけれど、半分くらいご飯を残して帰るのが日常で日に日に盛りつけは少なくなっていった。
毎日弁当を躍起になって作っている母はすこし不満げに心配そうにしていた。

小さい頃から身体がえらく弱く、小学校低学年くらいまでは
毎月のように自家中毒を起こして病院へ点滴通いをしていた。
脱水状態になっても点滴を入れれば医者が笑うくらいにすぐさま回復して元に戻ったのだから
医者も両親もだれも心配していなかった。ただ身体が人より少し弱いくらいの認識だったと思う。
今でもふと腕にソリタ T3の冷たさとあの香りを懐かしく感じるときがある。

そんな弱い身体で、焦げるような強い日差しの中夏季講習のために片道30分自転車で毎日通っていた
それがいけなかったのか、あるときから学校にまともにいけなくなってしまった。
どうやら摂取カロリーが必要カロリーを完全に下回ってしまったようである。
親に送って貰ったりバスを使えば良いそう思うが
もうその時点では一日起きていられないくらいに衰弱していて遅かった。

そんなので、進学校だったにもかかわらず午後から登校したり保健室に行ってそのまま帰ったりと
そのあたりから引きこもり生活が始まった。それが今でも続くことになるとは誰が予想しよう。

学校は嫌いでは無かったし、勉強も国語以外は好きで楽しかった
仲の良かった友人も何人かいて放課後になるとくだらない話で遅くまで盛り上がっていた。
ちょうどこの頃、ハルヒブームとニコニコ動画がオタク系高校生の間では
一種のステータスみたいになっていて、話題は尽きることはなかった。

しかしそれも、学校への登校が不定期になってしまってからはずいぶんと疎遠になってしまった。
悪いことに、携帯電話番号やメールアドレスなんかは全く知らないものだから
学校の友達とは完全に縁が切れそうだった。


そんな中、当時ネット上ではweb2.0が叫ばれ、
個人が様々な手段で自由にネットで全世界へ向けて発言できるような流れがあった。

動画共有サイトやブログ、SNSサービスといったネット上のでツールが充実し始めたのだ。
誰もがMixiやブログを持っていて今のTwitterやインスタのように個々が思い思いの文章や写真を載っけていた。

自分の場合は、携帯を持っていない上にコミュ障すぎてミクシィーといったSNSには一切縁がなかったけれど
唯一、ブログというサービスをそれなりに前から使っていて
丁度良く、仲の良いメンバーが皆自分のブログを普通に持っていた。

そんなので当時Amoebaブログを一人虚しくやっていたのだけど、
友達に合わせるように、友人との意思疎通手段としてFC2ブログを立ち上げた。
それがこのCtrl+Zというわけである。

このブログの初めての記事はワコムのペンタブレットintuos3の導入報告だったけれど
あの頃、なぜだか萌え絵が描けることに皆憧れていた。
PCの普及もあってデジ絵が熱くなった頃だ。

世界が、新しい方へと大きく動き出した2007年、
自分は身動きが取れずにこのブログを生み出した。

へたってしまたソファーのクッション性を自力で取り戻す方法

1 Comments
みかさ
ソファー

ソファーのない生活は考えられない。
それほどまでに日常的な生活の場となっているソファー。

話を聞くと日本人は床で寝っ転がっている人は多く
実際、もっとも楽で手頃でわざわざソファーに座るなんてことは考えられない。
そんな意見を見ますが、
うちではエコーネスのストレスレス、例の人を駄目にするビーズクッション
そして2人掛けのソファーがあります。

もちろん、ラグの上に敷いた長座布団で床で寝っ転がっていることもあります。

日常的に音楽と共に暮らしているうちでは、
音楽を聴く、昼寝をする、休憩、読書などとりあえずソファーに座り寝ます。

2012年の年末に買い換えたMARUICHI のソファーですが、
5年が立った今少しへたってきました。
クッション性はまだ十分にありますが沈み込みが以前より大きく少し腰に悪いかなと
MARUICHIのソファーは割と耐久性がありしかも10年保証が付いていますが
それほどへたってはいないかなと。

修理と言うほどのことはしていないけれど、
寝心地座り心地が悪くなってしまったソファーを自力で修繕です。

しばらく考えて、建材に使うようなウレタンフォームをクッションのしたにしけば良いのではないかと思い
ホームセンターを2件物色しているとちょうど良いものを見つけたので実際にしいてみました。